部屋のコーディネートを成功させるインテリアテイストの決め方

部屋の家具やインテリアを購入して並べてみたけれど、なんだかテイストがバラバラということはありませんか?

インテリアは好きな家具だけを並べても、けしてうまくいくとは限りません。そして理想の部屋を作るには自分の好きなイメージをもつことが大切です。

今回は、好きなイメージや好みの部屋の見つけ方・決め方を人気テイストの種類とあわせてご紹介します!

素敵な部屋は好みのイメージを固めることから!

インテリアコーディネートをうまく成功させるには、部屋のイメージやテイストのテーマをしっかりもつことから始まります。

好みのイメージやインテリアテイストを見つけるには、

①言葉で好きなイメージを分類してみる

②写真や画像で好きなイメージを集める

③購入を考えている商品と相性のいいイメージを見つける

がおすすめです。

まずは、漠然としている好みのイメージを明確にして絞っていきましょう。

好きなイメージを言葉にしてみよう

好きなイメージを言葉にしていくと、好みのイメージのタイプがわかりやすくなります。
下の表の項目を参考に好みを整理してみましょう。

  
明るめ暗め
ソフトシャープ
四角
古い新しい
木材金属
温かい冷たい
カラフルモノクロ
デコラティブシンプル


家具やインテリアもテイストの統一が大切

洋服と同じように、好みの家具やインテリアをあれこれ組み合わせても実は相性が悪いということも。

スポーティーなTシャツにフォーマルなスーツパンツを合わせると何か違和感がありますよね?

特に部屋は毎日を過ごす場所。心地よい部屋はテイストの統一が大切です。

まずは、好きなイメージ(テイスト)を決めてから合う家具を選ぶようにしましょう。または、欲しい家具が決まっている場合はその家具に合わせてテイストを決めていくのが上手くまとめるコツです。

人気の定番テイスト

日本で定番の人気のテイストをご紹介します。好みのイメージの参考にしてみてくださいね。

ナチュラル

老若男女問わず、昔から人気のあるナチュラルテイスト。木製の家具や天然素材のファブリックなど自然に近い素材やデザインでまとめるのが特徴です。

ナチュラルをイメージする言葉

・明るい
・ソフト
・木製
・綿や麻
・素材そのままのカラー

北欧

ブームから定番になりつつある人気の北欧テイストは、自然をモチーフにしたデザインや機能的なデザイン美を取り入れたテイスト。

日の出る時間が短い北欧では、部屋の中を明るくしようとインテリアも明るいものが多いのが特徴です。

白木の家具や明るいカラーのファブリック、北欧デザイナーの家具などを取り入れるとグッと北欧テイストに近づきます。

北欧をイメージする言葉

・明るい
・ソフト
・自然
・曲木
・デザイン美

ヴィンテージ

新しいものよりも、古きよきものを愛するヴィンテージテイストの部屋。どこか懐かしく味わい深い家具で揃えるのが特徴です。

昨今、古材を使用した家具や、ヴィンテージ加工を施した商品が増え、ヴィンテージテイストを取り入れやすくなりました。

デンマークを主流とした軽やかなデザインが多い北欧系と少しPOPで無骨なアメリカ系、

小ぶりな家具が多いひと昔前の日本の雰囲気になるレトロなテイストが人気の高いヴィンテージテイストです。

ヴィンテージをイメージする言葉

・古い
・味わい深い
・アイアン
・木製フレーム
・レザー

シンプルモダン

シンプル好きの日本人にとって根強い人気のシンプルモダン。シンプルなデザインと無機質な素材を取り入れるのが特徴です。

カラーはモノトーンを主流に、ガラス素材やステンレス素材を多く取り入れるとシンプルモダンテイストに近づきます。

シンプルモダンをイメージする言葉

・シャープ
・新しい
・金属
・ガラス
・モノトーン

シンプルな定番アイテムは万能

部屋のインテリアは揃える家具がたくさんあります。一気に決められないということもあるでしょう。また、気が変わることもあるかもしれません。

もし、まとめて買わずに後で買い足すことを考えているのであれば、流行りのものよりも様々なテイストに合わせやすい定番アイテム、特にロングセラーアイテムを選びましょう。

そうすれば、取り換えやすいクッションやラグ、小物で流行りのものを差し込んでみたり模様替えを楽しむことができます。

また、流行りのある家具は後で揃えることが難しくなる可能性が高く、特に収納家具は物が増えると買い足す可能性があるので、今後のことも考えて選ぶのがおすすめです。

プラスのアイテムで人気のテイストに

インテリアのテイストにも流行りがあります。最近はSNSなどで様々なテイストを見られるようになりましたよね。

今回は、定番テイストに少しプラスすれば風になるテイストをご紹介します。模様替えなどにもおすすめですよ。

BOHO(ボーホー)

人気のBOHOスタイルは「ボヘミアン」と「SOHO」をかけあわせた言葉。

ボヘミアンを表す「民族」や「自由気ままな」イメージとSOHOを表す「都会的」で「モダン」なイメージを合わせたスタイルです。

ナチュラルにエスニックをプラスし現代的にアレンジした部屋はセンスアップ間違いなしです。

BOHO(ボーホー)をイメージする言葉

・ソフト
・明るい
・民族
・ベニワレン(ラグ)
・マクラメ(壁飾り)

カフェ風

カフェのようにくつろげるダイニングスペースを作るのが特徴のカフェ風テイスト。

「ヴィンテージ」や「レトロ」なテイストと相性がよく、温かみのあるテイストです。

人気のダイニングソファーをレイアウトし、カウンターキッチンにはお気に入りの食器を飾ればカフェ風に近づけます。

カフェ風をイメージする言葉

・カウンターキッチン
・ダイニングソファー
・温かい
・コーヒー
・トレイ

モノトーン

部屋の中をモノトーンカラーのみでまとめたテイスト。「シンプルモダン」に近いテイストで、白からグレー、黒でまとめた部屋はすっきりと見えます。

どちらかというと白やグレーの割合を多くした明るい部屋が特徴です。

モノトーンをイメージする言葉

・シンプル
・ホワイト
・グレー
・モノクロ

ガーリー

女性に人気がある、丸脚やクラシカルなデザインと赤やピンク系の色、花柄が似合うテイスト。

白い家具をメインにしたナチュラルな家具とも相性のよいテイストです。

「ふわふわ」や「もこもこ」という言葉もぴったりな可愛らしい部屋が特徴です。

ガーリーをイメージする言葉

・花柄
・白い家具
・ピンク
・デコラティブ

センスUPの鍵は2~3割のミックス

様々な部屋のイメージを見ていると、好みを決められないという方もいるかもしれません。
実は、同じテイストだけでまとめるのはベーシックな方法で、つまらないインテリアになってしまうことも。

洋服でもあえて小物だけテイストを違うものにしてアクセントにすることがありませんか?

メインになるテイストは7~8割でまとめて、残り2割を違うテイストでアクセントにしてみるとセンスアップしますよ。

ここ数年、様々なインテリアのテイストがうまれ、インテリアを楽しむ人が増えてきたように思います。
毎日を過ごす部屋だからこそ、好みのイメージやインテリアを見つけて楽しんでみてくださいね。

島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. 整理収納アドバイザーに片付けを依頼するとどんなことをやってくれるの?(訪問編)

  2. やってはいけない収納術6選

  3. 理想の暮らしを叶える、片づけが好きになるためにやってほしい2つのこと

  4. 地震や台風に備えたい、マンション防災の収納アイデア5選。

  5. お下がり服の上手な整理収納方法。残す基準と捨てる基準。

アーカイブ