狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ

2LDKや3LDKなどのマンションの間取りで、5畳ほどの狭い部屋をよく見かけませんか?よくあるインテリアコーディネート例では5畳の部屋は、お子様などの部屋に使われていることが多いですよね。この5畳の部屋、寝るだけに使うのでよいのであれば「寝室」にするのもおすすめです。

ですが、5畳の寝室は梁や壁がデコボコしていることも多く、ベッドのサイズや、レイアウトに悩まされます。そこで今回は、5畳の狭い部屋を寝室として使う場合の家具、インテリアのレイアウトやベッド選び等のアイデアをご紹介します。

5畳の寝室のレイアウトとベッドのサイズのポイント

まずは寝室のベッドのレイアウトポイントを確認しましょう。

ベッドに入るためのスペースは50cmでOK

寝る時のベッドに入るためのスペースは、よく通る場所ではないので50cmあれば十分です。また、壁にベッドを寄せる場合は湿気対策のため10㎝離すようにしましょう。

寝る以外に収納スペースをもち併せることの多い寝室は、「洗濯をするためによく出入りする窓がある」や「クローゼットがあって扉を開け閉めする」ことがあれば人が十分に通れるスペースをとりましょう。また収納付きベッドにした場合は引き出しなど、収納を取り出せるスペースがあるかも確認しましょう。

5畳の寝室ならダブルサイズのベッドがおすすめ

人の動きやすさなど、レイアウトを意識すると大きいサイズのベッドを配置するのは難しい5畳の寝室。ですが、2人で眠るのであればダブルサイズ以上がおすすめです。ダブルサイズなら5畳でも配置しやすいサイズです。

5畳の寝室を有効活用するベッドの選び方

5畳の寝室が狭く見えるのはしょうがないと諦める前に、ベッドの選び方で寝室が広く見える工夫をしてみましょう。また、狭い部屋でも有効活用できるベッドの選び方やおすすめのベッドをご紹介します。

狭い部屋を広く見せるにはヘッドレスタイプのベッドを選びましょう

狭い部屋を広く見せるのに最適なベッドはヘッドレスタイプでコンパクトなタイプのベッドです。フレームの大きいベッドはどうしても寝室に圧迫感が出てしまい、狭い部屋をさらに狭く見せてしまいます。

また、マットレス一体型のベッドなど、コンパクトなタイプのベッドを選ぶと、レイアウトのバリエーションや大きいサイズの配置ができる可能性も広がります。

ヘッドレスタイプのベッドはシンプルで合わせやすいのも魅力

ヘッドレスタイプのシンプルなフレームのベッドは、布団をかけてしまえばフレームがほとんど見えず、どんな部屋にも合わせやすいのが魅力です。

狭い部屋にはベッド下収納の活用がおすすめ

狭い部屋で困るのが収納ですよね。特に寝室は衣類の収納を兼ねる場合がほとんど。衣類が寝室のクローゼットだけでは入りきらないという方は収納方法も工夫しましょう。

おすすめは収納付きのベッド。収納が付いていないベッドでも、ベッド下が20cmほどあれば収納ケースなどを入れてベッド下のスペースを有効活用できます。注意点はベッドの外に引き出しを引き出すスペースが寝室に作れるかどうか。必ず確認しましょう。

狭い部屋や寝室のインテリアのコツ

狭い部屋は壁を活用して収納スペースをつくりましょう

寝室のクローゼットのスペースが十分でなかったり、収納スペース以上にものが多かったりする場合は、寝室の壁を収納として有効活用しましょう。壁に棚をつけたり、フックをつけたり、壁を収納として使うと省スペースで有効活用することができ、狭い部屋のインテリアにはぴったりです。

化粧品は棚に、よく着る服はフックに吊るして。大きなドレッサーやコートスタンドを置かなくてもよいですよね。

狭くても睡眠を優先させるための寝室のアイデア

寝室が狭いからといって、ベッドも小さいサイズにすると寝づらくなる可能性があります。寝室を2人で使用する場合、睡眠を優先させたいなら、最低でもダブルベッドから選ぶとよいと言われています。

ダブルサイズより大きいベッドを選ぶ

よりゆったりと眠るには、ダブルよりも大きいクィーンサイズくらいのベッドを選びたいものです。クィーンサイズを5畳の寝室に配置する場合は、寝室の広さのギリギリまでベッドを配置するという方法もあります。眠ることだけでよい部屋であればおすすめです。

ただし、寝室の湿気対策やシーツの取り換えなどを考えると部屋の両サイドから最低10㎝の余裕を考えて選ぶのがおすすめです。

セミシングル2台でクィーンサイズに

セミシングルはシングルよりも小さい、幅80㎝のベッド。2台並べるとクィーンと同じサイズになります。大きいサイズの搬入が難しい方におすすめで、1台でもお子様など小柄な方も使えるので汎用性が広がります。

間取りとベッドのサイズによってはシングル2台も

間取りとベッドサイズのバランスによりますが、場合によってはシングルサイズを2台並べて配置できることも。部屋のサイズをしっかり確認してみましょう。セミシングル+シングルという組み合わせもよいですね。

遮光・遮音性のカーテンを選ぶ

マンションなどで見られる個室は、窓が通路に面していることが多いですよね。その場合、窓側にベッドの頭をもってくると音が気になることが多く対策が必要になります。また、窓側は冷気や光など、睡眠を妨げる原因に。

そこでおすすめなのが、遮光性と遮音機能付きのカーテン。冷気を防ぎ、ある程度の音も和らげてくれます。ポイントは隙間をなるべく作らないように取り付けること。窓よりも長めの丈にするのもおすすめです。

ベッドではなく布団という選択肢も

昨今ではミニマムな暮らしが人気ですよね。ベッドをなくしてみたという話も聞きます。思い切って布団生活にするのはどうでしょうか。布団の出し入れが面倒でなければ、思い切ってベッドをやめて布団を使ってみるという方法もあります。ベッドと違い簡単に動かせる布団は臨機応変に配置することができます。

また、湿気が気になる方や底つき感が苦手な方は、すのこベッドの活用がおすすめです。布団をかけておけるタイプや収納が簡単なタイプなど、便利なベッドがおすすめですよ。

いかがでしたか?5畳の限られたスペースでも工夫しだいで快適な寝室がつくれるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. 地震や台風に備えたい、マンション防災の収納アイデア5選。

  2. 家の中の不要品。「捨てる」以外のサステナブルなおすすめの手放し方

  3. 梅雨前に確認しておきたい、クローゼットの湿気&カビ対策と収納ルール

  4. 新しい生活様式には欠かせない!「マスク」の収納方法、洗濯方法はこれ。

アーカイブ