6畳・1Kの一人暮らしの部屋、7つのレイアウトパターン&スタイル

初めて一人暮らしをする方も、一人暮らしが長い方も、毎日を過ごす部屋は暮らしやすい部屋にしたいですよね。暮らしやすい部屋は人それぞれです。部屋を広く見せる工夫をしてみたり、好きなものに囲まれたり。二人暮らしは相手の好みも尊重して部屋をつくっていきますが、一人暮らしは自分の好きなようにできる、いわば”城”です。

そんな”城”の悩み解決や、インテリアを楽しんでもらうために、コーディネートの参考例をテイスト別にご紹介いたします。

6畳の部屋のコーディネート

その中でも、一人暮らし向けの間取りで多い1K6畳のコーディネート例をご紹介します。コーディネート例はパソコンから同じシミュレーションが立ち上がり、試すことができます。家具の配置のお悩みやコーディネートの参考にしてみてください。

シンプルスタイル

必要最低限の家具でシンプルにまとめたコーディネート例です。

黒とウォールナット家具で、洗練された都会的な部屋にコーディネートしました。ちょっと大人な男の一人暮らしにぴったりです。

ナチュラルスタイル

ナチュラルな家具と天然素材で優しい雰囲気になるナチュラルスタイル。

ファブリックや観葉植物をポイントに部屋づくりを楽しむのがおすすめです。

シックスタイル

家具を白でまとめると。部屋が広く見えるだけでなく清潔なイメージがでます。女性なら誰でも、可愛くて綺麗な部屋が憧れですよね。

こちらのコーディネートはシックな雰囲気の家具でまとめ、甘くなりすぎないカラーで大人可愛くコーディネートしました。

エレガントスタイル

白とピンクでまとめた、女性なら一度は憧れるエレガントスタイル。

女子力アップの秘訣は部屋のコーディネートからといっても過言ではないかもしれませんね。

北欧スタイル

男女共に人気の高い北欧スタイル。シンプル&モダン(現代的)なデザインと、温かみのあるナチュラルとの組み合わせが特徴です。

ベースカラーのグリーンと明るい白木が、仕事で疲れた体を癒してくれますよ。

モダンスタイル

冷たい印象を持たれがちなモダンスタイルですが、ウォールナットなどのブラウン系家具と組み合わせれば、温かみのある空間に。

初めてモダンスタイルに挑戦する方にもおすすめのコーディネートです。

ヴィンテージスタイル

どこか懐かしい、あたたかみのあるヴィンテージスタイル。

使い込むうちに馴染んでいくデニム素材は、そんなヴィンテージスタイルにぴったり。一人暮らしでも、お部屋の主役になるようなおしゃれなソファを選びたいですね。

島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. サステナブルやエコにもつながる、整理収納でできること。

  2. 引越しや間取り作り、大型家具家電以外で最初に決めておきたい〇〇家電の置き場所

  3. もう挫折しない!プロが教える片付けを始めるのに適した場所とは?

  4. 使いにくい収納を助けてくれる、100均の収納グッズの上手な選び方

  5. 子供がつくった絵や作品どうしてる?子供の作品を大切に保管できる収納方法

アーカイブ