10畳・リビングダイニング、部屋を広く見せるカーテン選びと家具のレイアウト

狭い部屋をどうやったら広く見せられるか?という悩みはよく聞きます。今回はそんな悩みをカーテンを使って解決する、狭い部屋を広く見せる部屋のコーディネートです。

ポイントとなるのはカーテンの色の選び方で、淡い色のカーテンを選び、天井から吊るしてみました。さらに、部屋の立体感を出すこともポイントです。床の色は濃いめの色を選び、壁から天井にかけて色を淡くしていくのがポイントです。

クッションなどをアクセントに濃い色をいれれば、より引き締まり、雰囲気のある部屋のコーディネートになりますよ。ぜひ、自分の部屋のコーディネートの参考にしてみてくださいね。

コンパクトさと抜け感を意識して

狭いLDKに合う、コンパクトなサイズのソファとダイニングテーブルを配置しています。ベンチで抜け感を出していることがポイントです。

立体感を出して高さの視覚効果を

ラグの色を濃いものをセレクトして、カーテンは淡い色にしています。立体感が出て天井が高く見える効果があります。

カーテンの吊るし方と色選び

カーテンを天井から吊るしてみると、縦のラインが協調され天井が高く見えます。カーテンは淡い色を選ぶのが広く見せるポイントです。

ミラーで奥行感を

アートのように壁にミラーを飾ってみましょう。ミラーは部屋の奥行感を出す役割があります。

色の濃淡でメリハリを

部屋全体を淡い色でまとめつつ、アクセントに濃い色をいれると空間全体が引き締まります。

無垢材の家具でナチュラルテイストに

無垢材のぬくもりが優しい印象の、人気のナチュラルコーディネートです。

コーディネートサマリー

部屋種別LDK
広さ10畳
世帯二人暮らし、ファミリー
テイストナチュラル
家具予算約18万
島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. サステナブルやエコにもつながる、整理収納でできること。

  2. 引越しや間取り作り、大型家具家電以外で最初に決めておきたい〇〇家電の置き場所

  3. もう挫折しない!プロが教える片付けを始めるのに適した場所とは?

  4. 使いにくい収納を助けてくれる、100均の収納グッズの上手な選び方

  5. 子供がつくった絵や作品どうしてる?子供の作品を大切に保管できる収納方法

アーカイブ