10畳・正方形リビングダイニング、家具の配置が難しい部屋のレイアウト

カウンターキッチンのあるリビングダイニングは、実は正方形に近い部屋ということがあります。正方形のリビングダイニングは長方形に比べると、家具の配置が難しいですよね。

こちらの10畳ほどの狭い正方形リビングダイニングのコーディネートではダイニングテーブルとしてもソファとしても使える「ソファダイニング」がおすすめとお伝えしました。もちろん、ソファダイニングはおすすめですが、やっぱり、ダイニングテーブルもソファも置きたいという方もいますよね。

そこで正方形の奥行をいかしたソファの配置で、ダイニングテーブル、ソファともにコーディネートをしてみました。決して小さいサイズではない、幅約155㎝の4人がけテーブルと幅約180㎝のソファをコーディネートしています。参考にしてみてください。

ダイニングを主役に

ダイニングテーブルを中心にしたコーディネート。奥行をいかして、ひと息つけるソファも配置。

家具のデザインで抑える圧迫感

狭いリビングダイニングは、アームが細いデザインのソファで、部屋の圧迫感をおさえて。

ダイニングテーブル・チェアも細めのデザインにすると圧迫感を感じさせません。

テレビの配置はコーナーがポイント

テレビは部屋のコーナーにレイアウト。ソファとダイニングテーブルからも見やすく。

サイドテーブルを活用して

ローテーブルではなく、サイドテーブルにすることで、窓への動線を確保。

奥行感を出すコツ

窓側にフォーカルポイントをつくり、目線を奥にもっていくことで部屋に奥行感を出すことができます。

コーディネートサマリー

部屋種別LDK
広さ10畳
世帯二人暮らし、ファミリー
テイストヴィンテージ
家具予算約60万円
島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. サステナブルやエコにもつながる、整理収納でできること。

  2. 引越しや間取り作り、大型家具家電以外で最初に決めておきたい〇〇家電の置き場所

  3. もう挫折しない!プロが教える片付けを始めるのに適した場所とは?

  4. 使いにくい収納を助けてくれる、100均の収納グッズの上手な選び方

  5. 子供がつくった絵や作品どうしてる?子供の作品を大切に保管できる収納方法

アーカイブ