13畳・縦長リビングダイニング、ナチュラルテイストな部屋のレイアウト

マンションに多い縦長のリビングダイニング。洋服のコーディネートと同じように、ベーシックなものでまとめた部屋のコーディネートは、普通になりすぎて、おしゃれにするのが難しくないでしょうか。

今回はナチュラルだけどセンスがひかる、おしゃれなリビングダイニングにコーディネート。よくある間取りをコーディネートしているので、ぜひ参考にしてみてください。

同じシリーズの家具を使って

インテリアコーディネートを失敗したくない!という方には、同じシリーズの家具で揃えるのがおすすめです。同じシリーズであれば、素材や色、デザインが揃っているのでレイウアトもしやすく、全体のバランスも取りやすくなります。ですが、単調になりがちなので、アクセントになる色や素材を入れてみましょう。

ソファの配置で空間づくりを

ソファをダイニングに背を向けたレイアウトにしてリビングとダイニングを分けました。ソファから生活感が出やすいキッチンが見えないのでくつろげるのがポイントです。くつろぎ優先のレイアウトです。

照明選びでおしゃれ度アップ

照明は、木の素材を選べば「ナチュラル度」がアップ。個性的なデザインを選べば「おしゃれ度」がアップ。照明「CONFETTI」は東京のブランドが丁寧に作ったアイテム。フレームの影も楽しめるおしゃれな照明です。

アクセントカラーでおしゃれに

同じシリーズで単調になりがちな部屋も、グリーンのひとりがけソファをアクセントに取り入れれば、グッとおしゃれになります。

コーディネートサマリー

部屋種別リビングダイニング
広さ13畳
世帯ファミリー、二人暮らし
テイストナチュラル
家具予算 約35万円
島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. サステナブルやエコにもつながる、整理収納でできること。

  2. 引越しや間取り作り、大型家具家電以外で最初に決めておきたい〇〇家電の置き場所

  3. もう挫折しない!プロが教える片付けを始めるのに適した場所とは?

  4. 使いにくい収納を助けてくれる、100均の収納グッズの上手な選び方

  5. 子供がつくった絵や作品どうしてる?子供の作品を大切に保管できる収納方法

アーカイブ