12畳・壁付けキッチンのLDK、快適でおしゃれな家具レイアウトのポイント

12畳の細長いLDKに壁付けキッチン。リビングからキッチンが丸見えになり、なんとなく家具のレイアウトに困ってしまいます。でも壁付けキッチンは、キッチンスペースを有効に使えるという利点があります。12畳というコンパクトなスペースを家族で楽しむ空間に仕上げるポイントをご紹介します。ママ友たちが集まって大勢でランチ会!なんて時にも、みんなで準備できるような家具の配置にしました。

キッチンスペースを有効に使う!

壁付けキッチンの場合、キッチンのすぐ後ろにダイニングテーブルを置くことができ、料理だけのスペース意外にもキッチンを使うことができるようになります。大きめのダイニングテーブルをおけば、料理の下ごしらえから盛り付けまで使える作業台に早変わり!

子ども達と一緒に料理をしたり、大勢でホームパーティをしたりする時も、みんなでキッチンに入れるので、ワイワイガヤガヤ楽しく準備ができますね!

リビングテーブルはあえて置かない!

お部屋を広く使うために、リビングにテーブルは置かないでおきましょう。子ども達が遊べるスペースを確保します。そうは言っても、ソファでお茶を飲むときにチョイ置き出来るテーブルは欲しいですよね。小さなカフェテーブルなら場所も取らず、おしゃれに決まります。

観葉植物でダイニングとリビングを緩やかに区切る!

生活感の出やすいダイニングスペースは、できれば視界から遠ざけたいもの。そんな時は大きめのグリーンで視線をずらしましょう。グリーンがお部屋にあると、心もやすらぎますよね。

ナチュラルな空間には、自然色のカラーリングで!

カーテンやファブリック、小物は、白やベージュ、茶色など、自然界にあるアースカラーでまとめると、スタイリッシュですっきりした印象になります。遊び心でアクセントカラーを少しだけ加えるのもgood!

あたたかみのある木製家具

主な家具を木製で揃えて、お部屋の雰囲気を温かみのある雰囲気に。シンプルでナチュラルなスタイルは、飽きの来ない年代問わず愛され続ける人気のスタイルです。

組み合わせて使うソファを活用

ソファ「パズル」は1人用、2人用、カウチ、オットマンと組み合わせて使うユニットタイプのソファ。好きなパーツを組み合わせられるから、限られたスペースにはぴったり。オットマンを組み合わせれば、ちょっとしたテーブルにも早変わりです。

コーディネートサマリー

部屋種別LDK
広さ12畳(LDK)
世帯ファミリー
テイストシンプル、ナチュラル
家具予算約38万円
島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. サステナブルやエコにもつながる、整理収納でできること。

  2. 引越しや間取り作り、大型家具家電以外で最初に決めておきたい〇〇家電の置き場所

  3. もう挫折しない!プロが教える片付けを始めるのに適した場所とは?

  4. 使いにくい収納を助けてくれる、100均の収納グッズの上手な選び方

  5. 子供がつくった絵や作品どうしてる?子供の作品を大切に保管できる収納方法

アーカイブ