翌朝のリビングがスッキリ!寝る前の収納術“リビングリセット”を始めませんか?

こんにちは。整理収納アドバイザーのNami Sasakiです。

わが家は、夫と私、3人の男の子の5人家族。

築9年の戸建て住宅で暮らしています。

突然ですが、“リビングリセット”していますか?

“リビングリセット”とは、散らかったリビングをすっきりと整った状態に戻すということ。

わが家は子供たちがどんなに散らかしても、10分でリセット完了できる収納をつくっています。

リビングリセットを行うタイミングは、

  • 仕事に取り掛かる前
  • 出かける前
  • 寝る前

お出かけから帰ってきた時に、リビングが散らかっているとがっかり…。

でも、リビングに足を踏み入れた瞬間、お部屋がすっきり整っていると気持ちがいいですよね。

どれも「片付け」というより、そのための「準備」という感覚でやることで、心を軽やかにさせてくれます。

中でも、寝る前のリビングリセットは、翌日を気持ちよくスタートするための準備として欠かせません。

朝起きてリビングに降りた時、リビングが整っていると、まるで空気が澄んだようで心地いい。

寝る前に行うリビングリセットは、明日の自分のための準備として大切にしている習慣です。

それでは、寝る前のリビングリセットのポイントを3つご紹介しますね。

溢れているモノの帰る場所をつくる

まず、リビングリセットを成功させるコツは、「持つモノの量を減らす」こと。

片付けをラクにするためにも、モノは持ちすぎないことが一番の近道です。

しばらく使っていないものは、本当に必要かこの際に見つめ直してみましょうね。

リビングに置くものが厳選できたら、「モノの定位置を決める」こと。

例えば、家族が使ってあちこち移動しがちなティッシュケース。

家族みんなが元の場所に戻してくれるよう、帰る場所を決めておきます。

ここに引っ掛けて収納すれば、このまま使うこともできるし、「ティッシュケース片付けて!」の一言で家族も1アクションで片付けることができます。

家族の「ティッシュどこ?」を解消。

「床にモノを置かない」を基準にする

意識するようにしているのが、「床にモノを置かない」こと。

家具や収納用品以外は、なるべく吊るして収納するようにして、家族が過ごしやすく居住スペースを広く保つよう心掛けています。

例えばクッション。

家族の人数分リビングに用意しているクッションですが、寝る前には元の場所に片づけます。

床にたくさんクッションが転がっていると、散らかった印象を受けるので、ソファーに置くのは2つだけ。残りはきちんと収めれば、リビングリセット完了。

床が見えるだけでずいぶんスッキリとして見えるので、意識してみてくださいね。

「出したら収める」を家族みんなで徹底

モノの定位置が決まったら、あとは家族みんながそれぞれ「モノを元の場所に片付ける」こと。

これが一番効果大なので、そのためにも片付けやすい1アクション収納を。

小さな子供も、自分が出したものは自分で片付けられるようにすることで、ママがラクになります。

よく出しっぱなしにされるおもちゃには、「かご収納」を。

見えて嫌なものほどかわいい収納アイテムを与え、インテリアとおもちゃの共存を楽しんでいます。

子供がポイポイ入れて片づけられる「かご収納」は、お片付けのハードルを下げてくれ、子供が声掛けひとつで、自分でお片付けできるように。

こんなふうにして、寝る前に「お片付けするよ~!」の一声だけで、みんなが動き出す仕組みをつくるのです。

翌朝、リビングの澄み渡ったような空気が、「さて、今日も頑張ろう!」と、心地のよいスタートに。

明日の自分を心地よくしてくれる、寝る前の“リビングリセット”に挑戦してみてくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

佐々木奈美

整理収納アドバイザー1級/色彩コーディネーター2級

インテリアと実用性どちらも欲張りたい。家事を時短で済ませ、心地よい暮らしをつくるお手伝いをします。

関連記事

最近の”読みもの”

  1. 狭いリビングダイニングを広く見せる、家具やインテリアのレイアウト 3つのコツ

  2. 正方形のリビングダイニングのレイアウト、家具配置5つのコツ

  3. 6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

  4. 部屋の模様替えを始める前にやっておく3つのこと