3つのポイントでぐっすり眠れる、快適なベッドルームの収納とは?

こんにちは。整理収納アドバイザーのNami Sasakiです。
わが家は、夫と私、3人の男の子の5人家族。
築9年の戸建て住宅で暮らしています。

家族が一日の疲れを癒す空間、ベッドルーム。

皆さんはどんな心地よい空間をイメージしますか?
私がイメージするベッドルームは、家族がリラックスして眠りにつけるシンプルな空間。
気持ちもリセットできるよう、色物は極力置かないようにし、心身ともにリラックスできる時間にしてあげたいと思っています。

こんなふうに、理想の空間をイメージすることはとっても大切なこと。
どんなお部屋のインテリアにしたいか、その部屋でどんな暮らし方がしたいか…イメージを膨らませて、理想のインテリアに近づけていきたいものですね。

それでは、快適なベッドルームをつくるコツをお話します。

埃を溜めるモノを置かない

ベッドルームはファブリックが多く、ただでさえ埃が立ちやすい場所。
なるべくシンプルな空間にし、埃を溜め込まないようにすることを心掛けています。

例えば、毎日の掃除が難しくならないように、棚を設えない。
棚は埃を溜めやすい場所。

収納が欲しいからといって棚を付けると、かえってそこに埃を受け止めてしまうので、掃除の手間を省くために棚や雑貨を置くのをやめました。

なるべくモノを置かないことで、埃が床に流れ落ちるように。
床掃除を怠らないことが、わが家のベッドルームの快適維持につながっています。

寝たまま手に取れる収納

まだ子供が小さいので、寝かしつけのお供に、夫がゲーム機やイヤホンなど持ち込む習慣があります。

翌朝、いつもお布団の上に転がっていたイヤホンにモヤモヤ。
夫がきちんと片付けてくれる方法を探りました。

そこで思いついたのが、ウォールポケット。
枕元の壁を利用して、壁面収納を実現しました。

やってみるとウォールポケットにはメリットがたくさんあることに気づきます。
・1アクションでポイッと収められる。
・1アイテムを1ポケットに収められるので、イヤホンなどが絡まない。

この方法がしっくりきてからは、ウォールポケットが収納としても、インテリアとしても、ベッドルームで大きな役割を果たしています。

子供と私の間の枕元には、時計とティッシュを。
子供の鼻水を取ってあげたい時に、起き上がらなくてもいいように。
目覚まし時計は、ここに置けるコンパクトなものを愛用しています。

掃除道具はすぐ手が届く場所に

埃や髪の毛が溜まりやすいベッドルームだから、掃除は気づいた時にこまめにします。

例えば、ベッド脇にはコロコロ。
目についても生活感が出ないように、インテリアに合わせて木製ポールのものを採用。

朝、ベッドメイキングをする際に、サッと手に取り、お布団の髪の毛を取り除きます。
その場ですぐ手に取れるから、気が付いた時にできる手軽さがラクチン。

冬になると結露に悩まされる窓際には、ゴミ箱と吊るせるティッシュケースをカーテンフックに常備しています。

朝、洗濯物を干すついでに結露をティッシュで拭き取り、ゴミ箱へポイ!

動線に合わせた収納は、掃除のハードルを下げ、取り掛かりやすく、続けやすいものにしてくれます。

掃除嫌いで長続きしない性格の私も、毎日欠かさずやるように。

快適にしようとして、ついいろんなモノを置いてしまいがちなベッドルーム。
重要なのは、インテリアの足し算ではなく、引き算でした。

快適な睡眠をとる空間にするために、インテリアと収納を見つめ直してみるのもいいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

佐々木奈美

整理収納アドバイザー1級/色彩コーディネーター2級

インテリアと実用性どちらも欲張りたい。家事を時短で済ませ、心地よい暮らしをつくるお手伝いをします。

関連記事

おすすめの記事

  1. サステナブルやエコにもつながる、整理収納でできること。

  2. 引越しや間取り作り、大型家具家電以外で最初に決めておきたい〇〇家電の置き場所

  3. もう挫折しない!プロが教える片付けを始めるのに適した場所とは?

  4. 使いにくい収納を助けてくれる、100均の収納グッズの上手な選び方

  5. 子供がつくった絵や作品どうしてる?子供の作品を大切に保管できる収納方法

アーカイブ