ペットがいてもすっきり暮らす!お世話も掃除もラクになる整理収納のポイント

こんにちは!整理収納アドバイザーの川村亜貴子です。

わが家は3LDKのマンションに夫と小学校1年生の娘、幼稚園年長の息子の4人暮らし。来年2月には3人目が産まれます。

そしてもう1匹、大切な家族がこの子。

ミニチュアダックスフンドのララ。今年で14歳!高齢になり、寝ていることが多くなりましたが食欲旺盛で元気いっぱいです。

ペットを飼っていると、お食事グッズにトイレ周りグッズ、お散歩グッズやお掃除グッズ、わんこのお手入れグッズなどなど・・たくさんのものが必要でお家の中がごちゃごちゃしがち。匂いや抜け毛など気になることもたくさんありますよね。

そこで今回はわが家のゲージ周りを例に、お世話も掃除もラクになる収納のポイントをグッズ別にご紹介していきますね。

⒈お食事グッズ

わが家ではドライタイプのフードをあげています。市販のフードのパッケージは目立つので容器に詰め替えています。詰め替えることで見た目もすっきりし、フードも取り出しやすくなります。

無印良品 ポリプロピレンキャリーボックス
無印良品 ポリプロピレン収納ケース用キャスター

ゲージのところでご飯をあげているので、ゲージのすぐそばに食器と一緒に置いています。

⒉トイレ周りグッズ

ペットシーツや消臭スプレー、ウンチやペットシーツ処理用の袋などもゲージ周りに収納しています。

ウンチやペットシーツの処理にはBOSという防臭袋を使っています。これを使うようになってから臭いが気にならなくなりました。

トリムバスケットラージ(セリア 、ダイソーなど)

ボックスにまとめると定位置管理しやすくなり散らかり防止に。消臭スプレーはラベルをはがすだけですっきりとした見た目に早変わり!
※ラベルをはがせるかどうか購入するときに確認してみてくださいね。

無印良品 ポリプロピレンファイルボックススタンダード
無印良品 ポリプロピレンファイルボックススタンダード用キャスターもつけられるフタ
無印良品 ポリプロピレン収納ケース用キャスター

ペットシーツもボックスに移し替えています。必要なときにさっと取れてお部屋のインテリアも邪魔しません。

先ほどのフード入れもそうですが、キャスターをつけることによって移動が容易になり、掃除がしやすくなるというメリットも。

そして、処理したペットシーツをその場で捨てられよう近くにゴミ箱を置いておくこともポイントです。

⒊お散歩グッズ

お散歩グッズは玄関に置いているという方も多いと思いますが、わが家ではゲージにS字フックをかけて収納しています。

お散歩バッグの中には、リード、ウンチ処理袋、水の入ったペットボトルなどが入っています。帰宅してゲージに直行し、ゲージ近くのゴミ箱にゴミを捨て、新しいウンチ処理袋を補充しています。

ゴミを捨てる→袋補充という一連の流れができるので、次回のお散歩時にうっかりウンチ処理袋を忘れるということがなくなります。

⒋お掃除グッズ

抜け毛が多い犬種なので換毛期には大量の抜け毛が・・。ゲージ周りにお掃除グッズを置いておくと気づいたときにすぐにお掃除することができます。

私のおすすめはハンディモップ。小回りが利き、ゲージ内やゲージ周りの床をサッときれいにすることができます。

カーペットを敷いているお宅なら粘着式クリーナーがあると便利ですね。

⒉お手入れグッズ

散歩後の足拭きウェットティッシュやブラシもボックスにまとめて収納しています。

トリムバスケットラージ(セリア 、ダイソーなど)

ゲージ周りにブラシを置いておくことで、こまめにブラッシングすることができ抜け毛対策にもつながります。

私は毎月トリミングをお願いしているので、シャンプーや爪切りは持っていませんが、シャンプーや爪切りを収納する場合は「どこで使うか?」を考え、使う場所に収納してみてくださいね。

「収納する場所=使う場所」

このルールを意識するだけでグッと効率的に。ごちゃつきがちなペット用品も少しの工夫ですっきりとお部屋になじませることができます。ストレスなくお世話ができる仕組みを作り、ペットとの快適な生活を楽しんでくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

川村亜貴子

整理収納アドバイザー1級/インテリアコーディネーター/住宅収納スペシャリスト/親・子の片づけインストラクター2級/クリンネスト1級

ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

関連記事

最近の”読みもの”

  1. 部屋の模様替えを始める前にやっておく3つのこと

  2. 狭い空間を有効に使う!洗面所収納5つのアイデア

  3. 地震や台風に備えたい、マンション防災の収納アイデア5選。

  4. お下がり服の上手な整理収納方法。残す基準と捨てる基準。