見通しの良いクローゼットになる整理収納方法。洋服は畳む?ハンギングする?

こんにちは。整理収納アドバイザーのNami Sasakiです。わが家は、夫と私、3人の男の子の5人家族。築9年の戸建て住宅で暮らしています。

お店のようにお洋服が美しく並ぶクローゼット、憧れですよね。お洋服が心地よく陳列されていると、手に取りたくなり、着てみたいと思うもの。ここでは、毎日のお洋服選びがそんなふうに楽しくなるクローゼットのつくり方をお伝えしたいと思います。

1.ハンガーを揃えて、スペースに余白を生み出す。

クローゼットに全てのお洋服をハンガーで掛けることができたら…と一部屋分丸ごとハンギング収納(ハンガーに掛ける収納)にした経験があります。でも残念ながら失敗。ハンガーの必要数が多すぎたこと、お洋服が窮屈そうでかえってシワになってしまったことが原因で、長くは続きませんでした。たいていのクローゼットは、理想よりも小さくスペースが限られたもの。大切なのは、その中でいかに工夫して心地のよいクローゼットを作るか、です。

まずカギとなるのは、ハンガー選び。ハンガーは同じもので統一すると、省スペースでたくさんのお洋服を収納することができますよ。

左/MAWAハンガー・右/ノンスリップハンガー(コストコ)

トップス用のハンガー、ボトム用のハンガー。わが家はこの2種類でクローゼットを構成しています。どちらもスリムなものを選べば、小さなクローゼットでもたくさんのお洋服を収納することができます。

コストコ/ノンスリップハンガー

実は、洋服にはハンギングした方ががいいものと、そうでないものがあるんです。例えばシャツやブラウスなどは、シワを防ぐためにハンギングするのがおすすめ。アウターやジャケット、ワンピースなども。畳むとシワになったり、かさばったりしてしまうものはハンギングしましょう。

MAWAハンガー/ボトム用

ボトム用ハンガーに掛けるものの基準は、センタープレスがついたもの。
きれいめなボトムはハンギングしますが、カジュアルなものは、ハンガーに掛けるには重くかさばるので、畳んで引き出しに収納します。

2.一目瞭然の引き出しをつくる。

優先順位を決めてハンギングしたら、残りは畳んで引き出し収納に。
主に、コットン素材のもの。カジュアルなボトムやカットソーなど。畳むことで手アイロンを掛けられ、ハンギングするより省スペースで収納できるんです。

無印良品/ポリプロピレン収納ケース引出式横ワイド
無印良品/スチール仕切り版

引き出しの中は、上から見た時にすべてのお洋服が一目瞭然で分かるように、立てて収納。こうすると、下の方でお洋服が眠ってしまうことを防げますよね。洋服が少ない時は、倒れてしまわないようにブックスタンドなどで仕切る工夫を。

3.アイテム別に並べて、選びやすく。

ハンギングするものと畳むものが分けられたら、次はアイテムごとにカテゴリー分けしてききます。

例えばハンギングスペースなら、

  • アウターやジャケット
  • ニット
  • シャツやブラウス
  • ワンピース

アイテムごとに分けることで、
「今日は何を着ようかな?」
と、まずは気候やシーンに合わせてトップスを選び、次にボトムスを選ぶ…と、コーディネートを決めやすくなります。

引き出しには、「1つの引き出しに1つのアイテム」というルールがポイント。

  • ボトム用の引き出し
  • カットソー用の引き出し
  • アンダーウェア用の引き出し

カテゴリーごとに収納を分けることにより、用途に沿った洋服選びがスムーズに進み、コーディネートもしやすくなりますよ。

いかがでしたか?クローゼットのルールを上手に活用して、理想のクローゼットをつくってみてくださいね。きっと洋服選びが楽しくなるはず。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー Nami Sasaki

佐々木奈美

整理収納アドバイザー1級/色彩コーディネーター2級

インテリアと実用性どちらも欲張りたい。家事を時短で済ませ、心地よい暮らしをつくるお手伝いをします。

関連記事

最近の”読みもの”

  1. 部屋の模様替えを始める前にやっておく3つのこと

  2. 狭い空間を有効に使う!洗面所収納5つのアイデア

  3. 地震や台風に備えたい、マンション防災の収納アイデア5選。

  4. お下がり服の上手な整理収納方法。残す基準と捨てる基準。