【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

能登屋 英里 Eiri Notoya

  • 整理収納アドバイザー1級
  • 住宅収納スペシャリスト
  • 親・子の片づけインストラクター2級
  • カラーコーディネイター

本サイト Room Editors でコラムの監修を行なっています。
ライターとともに、みなさまの暮らしに役に立つアイディアを発信していきます。

私自身は、築50年の中古ヴィンテージマンションを自身のデザインでフルリノベーションした家に夫・小学生の娘と3人で暮らしています。
都内の52㎡と狭小マンションをあえて選び、いかに快適に暮らせるかを日々研究中。
シックでカッコいいテイストが好きで、自宅インテリアはブラックやアイアンを基調としています。

前職では、日本・NY・パリで15年間に渡ってアパレルのショップディスプレイをしていました。
今はその経験を活かして、個人宅の整理収納とインテリアアドバイスを始め、リノベーションコンサル、メディアでの収納監修、セミナーなど幅広く活動中。
自宅を取材した雑誌、テレビ、動画サイトなどのメディア掲載は80誌を超える。

インスタグラムでは、見栄えと機能性にこだわったインテリアや収納術を発信中。
主催するインスタ発信講座も毎回満席。

能登屋英里home2

整理収納アドバイザーになったきっかけは?

1人部屋をもらった頃から模様替えを頻繁に行うような子供で、お片付けは得意な方だったがかなり自己流でした。結婚して2人で暮らすようになり、モノの場所を決めないと家族は元に戻してくれないことが判明。資格を取得してからは、モノが出しっぱなしになることが減り、ストレスも軽減。整理収納の効果を感じる。
その後子供が増えても、生活スタイルに合わせた収納を作ることができたり、モノを上手に手放せるようにもなりました。


育休復帰2年後、深夜作業の多いディスプレイの仕事に限界を感じ、整理収納アドバイザーとして活動すること決意し今に至る。見た目が良くクールで機能的な収納術が定評で、サービスは毎月満席。

このサイト (Room Editors) での役割は?


このサイトではコラムの監修がメイン。毎月のコラムのテーマ決めも私の役目。みなさまに役立つ情報をお届けできるよう、情報アンテナを張り巡らしています。暮らし全般に興味があるので、このお仕事は楽しくやりがいを感じています。人と人をつなげることも好きなので、REのライターを集めたインスタグラムでのコラボLIVEなど、ライターの素顔を見ていただく機会も設けていきたいと企画中。(過去にインスタライブは開催済み)

能登屋 英里

整理収納アドバイザー1級/住宅収納スペシャリスト/親・子の片づけインストラクター2級/カラーコーディネイター

このサイトで読み物を監修しています。
見た目にもワクワク、使い勝手も良い収納が得意。
一緒に家づくりを楽しみましょう。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

アーカイブ