収納術とインテリアで、トイレもおしゃれで快適な空間に早変わり

こんにちは!整理収納アドバイザーのすぎたともみです。

皆さんは、ご自宅のトイレが好きですか??私は我が家のトイレが大好きで、入るたびに気分が上がり、掃除をする時も気持ちよく作業ができています。

今回は、ご自宅のトイレをご機嫌な空間にするための3つのポイントをご紹介します。

掃除がしやすい環境づくり

トイレ

トイレの環境づくりで一番重要なのは、清潔感です。どんなに素敵なトイレでも汚れが溜まってしまっていては、なんだか残念な印象になりますよね。汚れを溜めないコツはなんといっても、トイレ掃除のハードルを下げてこまめに行うこと。まずは毎日気持ちよく使えるように、掃除のしやすいトイレ空間をつくりましょう。

1 トイレにあるモノを全て出してリセットする

トイレ掃除グッズ

まずは一度、現在のトイレにあるモノを全て出して整理をしましょう。空っぽのトイレと改めて向き合い、どんな空間にしたいかをイメージするのもいいですね!自分で落とすのが難しい汚れがある場合、お掃除業者さんを頼るのもひとつの手です。

2 使っているモノだけを戻す

トイレ収納

トイレットペーパーや掃除グッズのストックは多すぎませんか?使っていないアイテムはありませんか?以前は気に入って飾っていた雑貨も、今の自分がワクワクするかを見直しましょう。なるべく出しっぱなしのものを少なくすることが、掃除のしやすいトイレへの近道です。

お気に入りのインテリアを設える

トイレ,トイレインテリア

トイレに入るたびに、大好きなインテリアが迎えてくれたら嬉しいですよね。毎日何度も使う場所だからこそ、インテリアにはこだわりたいところ。ここでは、トイレをお気に入りの空間にするアイデアをご紹介します。

・アクセント壁をつくる

アクセント壁,タイル,鏡

トイレの壁を一面をアクセント壁にします。これから建築予定がある方やDIYが得意な方は、水に強いクロスやタイルなどを貼るのがおすすめ。個性的な素材でも、壁一面だけなら圧迫感も少なく、インテリア全体のバランスを取りやすくなります。

・お気に入りの雑貨を飾る

インテリア雑貨

見かけるたびにニコっとなるような仕掛けがあると、トイレがもっとお気に入りの空間になります。掃除が苦手な方の場合、たくさん飾るよりもお気に入りを少しだけがおすすめです。

・写真やアートを飾る

ポストカード,フォトフレーム,アート

ポスターや絵、ポストカードなど、お子さんが描いた絵も額に入れれば立派なインテリアに!季節感を出したり、定期的に取り替える楽しみもありますね。

気持ちをリセットできるアイテムをプラス

トイレインテリア,鏡

家にいる時間が長い今、トイレは気分転換にも役立ちます。一旦気分をリフレッシュできれば、その後の家事や在宅ワークも気持ちよくスタートできるはず。

例えば、トイレの壁面に鏡を設けると、自分の身だしなみを整えたり、表情をチェックしたい時に役立ちます。慌ただしい日常の中に、フッと心を休ませる瞬間をつくってみましょう。

鏡

アロマの力を借りると更にリフレッシュ効果が期待できます。トイレに取り入れやすいアロマは、爽やかさのあるグリーン系、柑橘系の香りです。薬局などで手に入るハッカ油も気軽に使えるのでおすすめです。

アロマ,アロマストーン,アロマオイル

植物を飾ることでも癒しの効果が。花を飾るのが苦手な方には、グリーンをボトルに挿すだけでもOKです!

グリーン,ミント,インテリアグリーン

家に誰かを招く機会も減ってしまった今だからこそ、家族みんなの為の清潔感と、自分自身へのおもてなしを、トイレという小さなスペースから叶えてみませんか?

またトイレの収納については、こちらの記事もご参考にしてみてください。

生活感を出さないトイレの収納ワザ

すぎたともみ

整理収納アドバイザー1級/親・子の片づけインストラクター1級/インテリアコーディネーター
片付けた先の暮らしを楽しみたい。
「片付け」で部屋やモノを、「手帳とノート」で思考や時間の使い方を整えるのが得意です。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

アーカイブ