9畳・狭いリビングダイニングを広々みせるシンプルモダンなレイアウト

今回は、二人暮らしのコーディネートをご紹介します。間取りは対面キッチンがありLDKを合わせると14畳ですが、リビングダイニングは9畳と二人暮らしではやや手狭なイメージを感じるお部屋となります。今回はモダンテイストのアイテムでインテリア空間をつくっており、特に限られたスペースを広く見せるコーディネートのテクニックを紹介していますので注目して頂ければと思います。

これからお引越しされるかた、家具の買い替えを悩んでいる方など家具探しをしている方々はぜひ参考にしてくださいね。

床・壁を見せてひろびろ空間に!

お部屋を広く見せるポイントで一番大切なことが、床・壁の面をたくさん見せる事です。特に床面を表に出すことによって視覚の効果でとても広く感じる事ができますよ。

家具はすっきりしたレイアウトに!

すっきり見せる為には、最小限の家具でレイアウトする事も大切です。特に、リビングテーブルは意外と面積を占めるのでサイドテーブルを活用してコンパクトな配置にしましょう。

家具のデザインを意識しよう!

床面をたくさん見せる為に、家具のデザインにも注目しましょう。ポイントは、脚付きの家具を選ぶことや材質もスチールやステンレスで重くならないものでまとめる事をおすすめします。

フロントレースで軽い印象に!

フロントレースとは、一般的なカーテンと反対の吊るし方をするスタイルの事を言います。レースの方を部屋側に吊るす事によって感じる印象がとても軽くなりますので空間がすっきりとした仕上がりになります。

サブの家具は壁と同化させよう!

ソファや椅子と異なり、テーブルや収納家具はガラス製やホワイトのものを選ぶ事でまわりの内装と同化して存在感を無くすことができます。このことによって、限られたスペースでも広々とした印象を与えてくれます。

家具のカラーは2色でまとめよう!

小物やアクセントのアイテムを除いて、家具のトータルカラーは2色で仕上げる事によって統一感が生まれます。統一感のあるお部屋は開放的に感じられるため広い印象となります。

コーディネートサマリー

部屋種別LDK
広さ9畳
世帯二人暮らし、ファミリー
テイストシンプルモダン
家具予算約60万円

島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

アーカイブ