やってはいけない収納術。シンデレラフィットのデメリットとは

こんにちは。整理収納アドバイザー、ルームスタイリストプロの 岸上 のぞみ です。3階建て2階リビングの建売のお家で、夫と息子と私の3人、時々保護猫と暮らしています。

数年前にブームとなったシンデレラフィットという言葉。本来は別の用途だったものが、両者のサイズが偶然ぴったりだったために収納に最適に使えたり、組み合わせると最適に利用できたりする様子のことを言うようですが、昨今では空間のサイズにぴったりと隙間なくおさまる収納のことを指している場合も多いようです。

収納,キッチン収納,ミツロウラップ,無印良品

片づけの現場などに行くと、「シンデレラフィット=収納の正解」と認識している方が一定数いるように感じますが、何事にもメリットとデメリットの両方の側面があるもの。今回は「こんなシンデレラフィットは使いにくい」というケースをご紹介しますね。

・収納の中身までシンデレラフィット

使うもの=収納の中のものまできちんと綺麗に並べた収納。もちろん見た目は美しいのですが、片づけのハードルは上がってしまいます。

収納,プラレール

例えばおもちゃをパーツごとにぴったりおさめる収納。取り出しづらく、片づけにも時間がかかります。特に小さいこどもや片づけが苦手な方には向いていません。

収納,プラレール

ざっくりジャンルごとにポイポイ投げ込む収納の方が、使う時も片づける時もはるかに簡単です。この例では「プラレール」というジャンルでパーツごとには分けていませんが、パーツの多さや細かさ、使う頻度や年齢などによって、収納を分けるのはOKです。

・手が入る余白がないシンデレラフィット

造り付けの収納や、収納家具の中に、ボックスなどを使って収納をつくるときに気をつけたいのがこちら。

おもちゃ収納

このボックスぴったり!と一瞬うれしくなりますが・・・

おもちゃ収納

手が入る隙間があると取り出すのも片づけるのもワンアクション(一度の動作で済むこと)で、簡単です。特に使う頻度が高いものは、シンデレラフィットよりも「手が入る余白」を優先してください。

・1mmの隙間もないシンデレラフィット

わが家のキッチン横にある収納スペースの幅は約1200mm。そこに幅150mmのファイルボックスが6つと、幅100mmのファイルボックスが3つ。合計1200mmでシンデレラフィットと言えるかもしれません。もちろんこれは偶然ではなく、サイズを計測して収納計画を立てた上でファイルボックスを追加購入した意図的なもの。

無印良品,ファイルボックス

ただし1200mmの幅に1200mmぴったりの収納用品を配置するのは実は結構リスキー。隙間なくぎゅうぎゅうにボックスが並んだ状態だと、ボックス同士が押し合って、取り出す動作・しまう動作どちらもスムーズにいかないことがあります。ものを入れる前にボックスだけを並べ、確認してみてください。

収納を考えるときの第一優先は?

シンデレラフィット収納には、空間を無駄なく使えること、収納量が上がること、見た目に美しいことなどのメリットがあります。

無印収納,ファイルボックス

ただし、ものやスペースに合わせた収納ではなく、自分や家族に合わせた収納を考えること。収納を考える上での第一優先はいつも「そこに暮らす人」だということを忘れないでくださいね。

岸上 のぞみ

岸上 のぞみNozomi Kishigami

記事一覧

整理収納アドバイザー1級/ルームスタイリストプロ/整理収納教育士

空間は、その人そのもの。子育てや家事で忙しい自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

関連記事

おすすめの記事

  1. 整理収納アドバイザーに片付けを依頼するとどんなことをやってくれるの?(訪問編)

  2. やってはいけない収納術6選

  3. 理想の暮らしを叶える、片づけが好きになるためにやってほしい2つのこと

  4. 地震や台風に備えたい、マンション防災の収納アイデア5選。

  5. お下がり服の上手な整理収納方法。残す基準と捨てる基準。

アーカイブ