夏服の整理をするときにチェックしたい3つのポイント

夏が終わり秋の季節が近づいてくると、夏服の整理をされる方も多いのではないでしょうか。季節の終わりは洋服を見直して整理をするチャンスです。そこで今回は夏服を見直すときのポイントについてお伝えします。秋が深まり、衣替えをするときは、ぜひ参考にしてみてください。

Nagisa 整理収納アドバイザー
3LDKのマンションで、男の子2人と単身赴任中の夫の4人で暮らしています。子どもがいてもシンプルに暮らしたい。ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアを発信しています。
Instagram: @harysworks

YouTube: シンプルに暮らしを楽しむ
Nagisa

1.この夏に着たかどうか

季節の終わりは記憶も新しく、その服を着たかどうかの判断がとてもしやすいです。これからやってくる季節の服の場合、本当に必要だと思っていなくても、着る努力をしてしまったり、着るかもしれないとポジティブに考えてしまいがち。着たか着てないかの事実が明確なうちに、1枚1枚手にとって考えてみましょう。

衣替え、洋服収納、ハンガーラック、洋服収納

逆に、着なかった洋服は、なぜ着なかったのか、その理由について考えてみるのもオススメです。体型が変わってしまって似合わなくなったのか、汚れが目立って手に取らなくなってしまったのか…ライフスタイルが変わって来なくなったのか…様々な理由があるはずです。そのような原因を考えてみると、今の自分に合った洋服だけを残せるようになってきます。

2.来年も着たい服と思えるか

この服を着てお友達に会えるか、おしゃれなカフェに行けるか…など自信を持ってその服を着ていけるかを考えることも判断する基準の1つにしています。値段の高い服であったり昔、気に入っていたとしても、これからの自分が気持ちよく着られない服は、手放しても良いかもしれません

衣替え、洋服収納、洋服収納、夏服整理

来年も着るかどうかわからないけど手放せない!そんなときは、実際に一度その服を着てみるのもおすすめです。手にとってみて決断できなくても、実際に着てみると頭の中で考えていたイメージと異なることも。また、実際に着ることで来年も着たい!と迷うことなく、決断できるかもしれませんね。

洋服は食べ物のように消費期限もなければ、電化製品のように壊れることもありません。だからこそ、着られるか着られないかで判断するのではなく、自分が着たいと思うかどうかを考えて選ぶようにしましょう。

3.服が劣化していないか

夏の服は、強い日差しに当たることで、黒い服が色あせてしまったり、汗などで汚れが目立ってしまうこともあります。劣化してしまった服は、着ていても気分があがりませんよね。来年の夏も気持ちよく着られる服かどうか、洋服の状態もチェックしてみてください。

✔︎ 色あせしていないか
✔︎ 汗染み、汚れで劣化はないか

衣替え、夏服整理

来年も着たいけれど、汚れの目立ってしまったりしている服は、クリーニングに出すなどのメンテナンスをして、きれいな状態で保管しておくと良いですね。

クローゼット収納、衣替え、洋服の整理

いかがでしたか。夏服を片付ける前は、夏服を見直すチャンスです。次の夏にも気持ちよく着られる服なのかどうか、1枚1枚判断をして衣替えをしてみてください。みなさんが衣替えをするときの参考になると嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー Nagisa Okamoto

Nagisa Okamoto

整理収納アドバイザー1級

収納で家事は楽になる。
ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアをお届けします。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ