お部屋に植物をオシャレに飾る4つのポイント

こんにちは。ルームスタイリスト、整理収納アドバイザーの安藤秀通です。東京47㎡の中古リノベーションマンションで男2人暮らしをしています。

普段、訪問やオンラインでの整理収納&インテリアサポート、お部屋を整えたり飾ったりするための講座を開催しているので、住空間に関する様々なご相談をいただきます。そして、私がいただくご相談の中でも最近増えているのが「観葉植物」、いわゆる「インテリアグリーン」の飾り方についてのご相談です。

「お部屋に植物を置きたいんだけどどうしたら良い?!」、「おしゃれに植物を飾りたいんだけどやり方がわからない」など多くのご相談をいただきます。

インテリアグリーンの効果って?

お部屋に観葉植物を飾ることで得られる効果は様々。私が特に実感しているのは「お部屋の雰囲気を変えられる」、「お部屋の中でも自然を感じることができリフレッシュできる」という点です。

お部屋にひとつ植物が置かれているだけで、癒し空間ができたり憩いの場ができあがります。また植物の種類、照明や壁素材とのバランスでインテリアの方向性が定まったり、深みが出たりします。まさにお部屋の雰囲気を変えてくれる存在です。

また、普段の暮らしの中で植物が目に入ると、室内でも外の世界と繋がっているような感覚を味わえたり、スマートフォンやパソコンで酷使した目の疲れを和らげてくれたりします。空気を清浄してくれる効果もあるので、リフレッシュ効果も抜群ですね。

ルームスタイリストの私が実践している植物の飾り方やポイントについてお伝えします。

ポイント1. よく目に入る場所に飾る

1つ目のポイントはよく目に入る場所に飾ること。ソファに座った時に見える場所、キッチンで料理中に見える場所など、普段の暮らしの中でよく目に入る場所に植物があるだけで雰囲気が全く違います。

また、お部屋に入った瞬間に植物が目に入る位置に飾っておくのも良いですね。人間の脳は空間に入って、1〜2秒でその場所の印象を決めるそうです。お店のディスプレイなどもそうですが、第1印象が重要という事ですね。

ポイント2. 飾るゾーンを分ける

植物を飾る際に重要なことの1つに飾るゾーンを分けるということがあります。

植物によって葉の色味や大きさ、質感や、枝もの、つる性のものなど受ける印象が全く違うので「キッチンは軽やかなカフェ風空間にしたいから、薄いグリーンで葉が小さい可愛い印象のものを中心に飾ろう」とか、「リビングはこだわりのあるインテリアショップのような空間を演出したいから、濃い色の葉で大きめのずっしりしたものを中心に飾ろう」など、ゾーンを意識的に分けることでオシャレで洗練された空間ができあがります。

鉢の大きさや素材感で分けるのも良いかもしれませんね。

ポイント3. 植物が育ちやすい環境を作り飾る

オシャレに飾るには、植物が元気にすくすく育つ環境にしてあげることもかなり重要ポイント!観葉植物として販売されているものに関しては、直射日光が苦手な種類が多いのですが、カーテン越しの柔らかい日はやはり必要。もしくはスポットライトなど強めの照明があればすくすく育ってくれる場合もあります。明るい場所に飾ってあげましょう。

そしてお部屋の中では植物の向きをこまめに変えてあげることが重要!たまに鉢をくるくると回してあげたり、吊るしてある植物はくるっと向きを変えてあげましょう。植物は明るい場所に向かって葉や枝を伸ばしていく性質があるので、向きを変えてあげることで形も綺麗に伸びていきますし、日が当たらない箇所を減らしてあげることができます。

また、壁や家具に葉や枝が当たっていると枯れる原因になったり、うまく育ってくれない場合があるの要注意です!

ポイント4.照明を使って飾る

照明や光はいろいろな箇所から当たれば当たるほど、ものを立体的に美しく見せてくれます。植物も例外ではなく、照明を当てることによってできる陰影や輝きがさらに魅力を増してくれます。

スポットライトで植物を明るく照らしたり、鉢の裏に照明を置いてリラックス空間を演出したり、壁に葉の影が映るようにスタンドライトを設置したり、方法は様々ですね。自分に合った方法を探して試してみてくださいね!

植物をオシャレに飾って楽しもう

4つのポイントいかがでしたか?植物の飾り方に悩んでいる方は、4つのポイントを参考にしていただき、オシャレにお部屋での時間を楽しんでいただけたらと思います。

今後もお部屋をインテリアと整理収納で整え、快適に暮らしていくヒントをお伝えしていけたらと思います。お気に入りのお部屋作りの参考になったら嬉しいです。

安藤 秀通

安藤 秀通HIDEMICHI ANDO

記事一覧

「お部屋が変わると人生が変わる」
インテリア&整理収納でお気に入りに囲まれた暮らしを実現しましょう。

関連記事

おすすめの記事

  1. いつか使うかも。使ってないけど捨てられないものってどうする?

  2. 無印良品・ニトリ・100均グッズで「浮かせる収納」お風呂掃除を楽に!

  3. 狭いマンションでのランドセルやプリント収納方法

  4. ママの家事をラクに!子供も自分から片付けられる、お菓子の収納アイデア

  5. そろそろ始める?入学準備。学用品収納を考える前に、小学生の荷物をチェック

  6. ICT教育で進むタブレット学習!ストレスなく端末を管理する3つのポイント

  7. インテリアに馴染む、プロがリピートしている無印良品のカゴや木製の収納グッズ4選

アーカイブ