キャンプ道具の収納問題。限られたスペースを上手く使うポイントは?

突然ですがみなさんは、「キャンプ」好きですか?我が家はここ数年のアウトドアブームに乗っかって、3年ほど前からキャンプを始めました。初めはそこまで多くなかった道具も、キャンプに行くたびに欲しいものが増えて…今ではなかなかの量に。今回は、キャンプ道具をすっきり収納するために、我が家で心掛けている2つのポイントを紹介します。

キャンプ道具

できることなら1か所に。でもそれって実際難しい!

キャンプ道具が増えてくると、悩ましいのが家での収納場所。ネットで調べてみると、

「キャンプの荷物は1か所にまとめて置いておくのがポイント!持っているものが把握しやすく、キャンプの準備も手際よくすすめられます」

という内容を見かけたりするんですが、実際家の中の限られたスペースで一か所にまとめて置くのは結構ハードルが高いんですよね。

キャンプ道具と一言でいっても、テントやテーブル、ベンチ、焚き火台のように大きく重量のあるものから、鍋や食器、ランタンなどの小物までアイテムは様々。キャンプ道具をスッキリ収納するために、我が家では「分散」と「日常づかい」を意識しています。

POINT1
ルールを決めて収納場所を分散

一戸建て&シューズクロークありの我が家でも、全ての荷物を1か所にまとめて置いておくのは結構難しい…。そこで、シューズクローク、押し入れ、ダイニング収納の3か所を中心に、分散して収納しています。この時大事なのが、収納場所とそこに置く道具にルールを決めておくこと。基準を決めずに、ただ分散ししておくだけでは、準備するときに「あれどこだっけ?」とあちこち探し回ったり、楽しいキャンプで忘れ物をしたりということに。それぞれの家庭の収納スペースや持ち物の量に応じて、我が家なりの基準を考えることが重要です。

収納別!置いてるアイテムとルールを紹介

キャンプ道具

【シューズクローク】主に地面に置いて使い、砂や泥汚れがついているもの
テント/タープ/テーブル/チェア/ベンチ/荷物置きラック/クーラーボックスなど

泥や砂汚れがついているものは、部屋の中には上げず基本的にシューズクロークへ。車に近いので、キャンプの準備や片付けの時に、重たい荷物の移動が最小限で済むというメリットも。焚き火台やBBQの焼き網など、玄関で匂いの原因になってしまいそうなものは外物置きに置いています。

キャンプ道具

【押し入れ】直接肌に触れるもの 寝袋

寝るときに直接肌に触れる寝袋は、湿気やカビが気になるので、布団と同じように和室の押し入れに入れています。

キャンプ道具

【ダイニング収納】調理に関するもの
鍋フライパンセット/ケトル/食器/カトラリー/卓上コンロ/ガスボンベなど

キャンプ中に使った鍋や食器、カトラリーは、一度洗いなおして収納することが多いので、収納場所はダイニングを中心に。キャンプの準備をするときには、その時々のメニューに必要な食材と調理器具やカトラリーをキッチン&ダイニングで揃えてから、車に積み込んでいます。

POINT2
普段の暮らしの中で使う

キャンプ道具の収納に場所を取られすぎないために、もう一つおすすめしたいのが、キャンプ道具を普段の暮らしの中で使うこと。日常的に使うものであれば、次のキャンプまでしまい込んでおく必要もありません。我が家では、卓上コンロは家族で鍋をするときに、炊飯用の鍋は普段の調理で使用。ダイニングの飾り棚においているLEDランタンは、防災の備えとしてもインテリアとしても役立っています。

新しくキャンプ道具を増やすときに、「キャンプ専用」ではなく普段から使えるかな?という目線を持っておくと物が増えすぎるのを自然と防げます。

キャンプ道具
波戸岬キャンプ場(佐賀県)

かっこいいデザインが多く、我が家もついつい買ってしまうキャンプ道具。普段の暮らしを圧迫しないように、うまく収納していきたいですね。

キーコン

インスタグラムで家づくり情報を発信中。「家に合わせた暮らし」ではもったいない。収納を先取りして考えた「家族にあった家」づくりを応援します。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

アーカイブ