空間を有効活用!突っ張り棒「ドローアライン」を使った収納アイデア3選

ドローアライン(DRAW A LINE)は、突っ張り棒のトップメーカー「平安伸銅工業」とクリエイティブユニット「TENT」がコラボレーションしたブランド。
わが家では、ダイニングスペースに観葉植物をハンギングすることをメインに使用しています。

ドローアラインは、アイデア次第で家中のさまざまな場所で空間を有効活用できる優れもの。そこで、今回は、わが家が使用しているアイテムを使って、部屋別の収納アイデアをご提案します。おうちの困ったを解決するきっかけや、ドローアラインをお家に取り入れるヒントが見つかると嬉しいです。

  1. 洗面所
  2. 子供部屋
  3. 玄関収納

Nagisa 整理収納アドバイザー
3LDKのマンションで、男の子2人と単身赴任中の夫の4人で暮らしています。子どもがいてもシンプルに暮らしたい。ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアを発信しています。
Instagram: @harysworks

YouTube: シンプルに暮らしを楽しむ

1.洗面所

賃貸やマンションの洗面所はとにかく収納がコンパクト。ちょっとしたものを置いたり引っ掛けたりする収納を作るのにも一苦労です。そのような時でも、ドローアラインであれば好きな場所に収納を作ることができます

ドローアライン、洗面収納
ドローアライン(DRAW A LINE)Hook B 、Talbe A、HookA

また、ドローアラインで作り出される収納は、1本の線からなるため、天井と床を突っ張っていても圧迫感がありません

ドローアライン、洗面所収納
ドローアライン(DRAW A LINE)Table A

Tableタイプのものは、タオルなどの一時置きにぴったり。タオルを取りに行くまでに床が濡れてしまうなんていうことも防ぐことができますね。

ドローアライン、洗面所収納
ドローアライン(DRAW A LINE)Hook A

フックタイプは、トートバッグなどと組み合わせることで収納として使うことも。ドライヤーなどの収納場所がない方は、トートバッグやカゴなどと組み合わせることで新たな収納場所を作ることもできます

ドローアライン、洗面所収納

2.子ども部屋

身支度スペースは、とにかくアイテムの多い場所。アイテムが多くなればなるほど、ごちゃついてしまい、それが忘れ物につながってしまうことも。ドローアラインを使えば、高さを生かして定位置を決めることができるので空間を有効活用することができます

ドローアライン、子供部屋収納 、身支度スペース
ドローアライン(DRAW A LINE)Hook B 、Talbe A、HookA

フックには、習い事のバッグをかけて学校のものと区別をするのもおすすめです。また、Tableにはトレイタイプの収納用品を組み合わせて、名札やハンカチなど細々したものの定位置管理に。目線の高さに置いておけば、かならず目に入るので忘れ物防止にも繋がります。

ドローアライン、子供部屋収納 、身支度スペース
ドローアライン(DRAW A LINE)Table A

ドローアラインには、わが家で使用しているパーツ以外にも様々なオプションパーツがあります。暮らしの変化に応じて、カスタマイズしていくのも楽しみの一つ。ブックスタンドや、照明などを組み合わせても、より使いやすい身支度スペースを作り出すことができそうですね。

3.玄関収納

賃貸やマンションの玄関は収納がとてもコンパクト。しかし、意外と収納したいモノが多い場所でもあります。わが家の場合も、収納スペースを確保するために天井まで収納扉があるため、置く収納はできません

ドローアライン、玄関収納
ドローアライン(DRAW A LINE)Hook B 、Talbe A、HookA

そんな玄関でも、ドローアラインを使うことで、1アクションでの収納を作り出すことができます。靴を履くときに目につく場所に置いておけば、忘れ物の防止になりますね。

ドローアライン、玄関収納
ドローアライン(DRAW A LINE)Table A

また、帰ってきて一時置きをしたいマスクなどもフックがあるととても便利。帰宅後のルーティン動線に沿って、定位置を決めておくと散らかり防止にもつながります。それぞれの暮らしに合わせて、使い方を考え、カスタマイズできるのもドローアラインの魅力です。

ドローアライン、玄関収納
ドローアライン(DRAW A LINE)Hook A

いかがでしたか。今回は、私が使用しているタイプでのご提案でしたが、横方向に設置するものやキャスター付きの動かすタイプのものなど形もさまざまです。おうちの作りや、用途に合わせて設置することができます。さらに、オプションパーツを組み合わせれば、使い方は無限大。今回の提案をヒントに、みんさまの暮らしにぴったりな使い方を創り出してみてくださいね。

あわせて読みたい

最後までご覧いただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー Nagisa Okamoto

Nagisa Okamoto

整理収納アドバイザー1級

収納で家事は楽になる。
ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアをお届けします。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ