6畳・1K、収納が小さい一人暮らしの部屋のレイアウトのポイント

収納スペースが小さい一人暮らしの部屋のコーディネート。部屋の収納が小さくて、クローゼットや押し入れに物が入りきらないことが多いのではないでしょうか。

一人暮らしの6畳という限られたスペースに大きな家具を置くのはなかなか難しいですが、狭くなるからと言って、物があふれているのも問題です。今回の部屋のコーディネートはスペースを有効活用するために家具を2WAY使い(幾通りの使い方ができる家具)にするなどの工夫を取りいれた部屋です。

収納家具が多くても圧迫感をおさえよう

物が多くても部屋をすっきりさせるコツは、物の定位置を決めて使いやすい収納にすることです。物が多くても、ちゃんと収納されていれば、部屋もすっきり見えるものです。また、部屋全体をナチュラルカラーにすることで圧迫感もおさえました。

間仕切り代わりに本棚をレイアウト

寝るスペースとくつろぐスペースは本棚を配置して間仕切り替わりに。ホワイトカラーで圧迫感をおさえています。

チェストをテレビ台代わりに

クローゼットが小さいのでテレビ台の代わりにチェストを。壁シェルフで壁も有効活用しましょう。

2WAY家具がスペースの有効活用に

ミラーとハンガーが一体になった優れもの!2WAY家具でスペースの有効活用を。

収納もできる家具が便利です

スツールも中に収納ができるタイプを選べば収納力はグーンと増えます。突然の来客があったときには散らかったものをサッとしまうことができる一人暮らしの味方に。

空いている隙間を見つけよう

ソファの下も収納スペース。半透明の収納ケースではなく、見える収納でもおしゃれに決まる布張りなどのBOXを選んで。ローテーブルも下に収納できるタイプは便利です。

一人暮らしでも寝室とリビングを作ってみよう

一人暮らしの部屋でも寝室とリビングをゆるく仕切って。囲まれたスペースは意外と落ち着きますよね。

ソファを置いて、くつろぎスペースも確保

こちらはリビング側。けして広々としたスペースではないですが、コンパクトな2人かけソファが置けましたね。

コーディネートサマリー

部屋種別1K
広さ6畳
世帯一人暮らし
テイストナチュラル
家具予算約18万円
島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 見た目・使い勝手の良いインテリアと収納術をお伝えします。きっと家が大好きになりますよ。

  2. 片付けた先の毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 空間は、その人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 収納で家事は楽になる。ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアをお届けします。

アーカイブ