7畳・1K、ソファをレイアウトした快適な一人暮らしのインテリア

25㎡超の7.5畳の1Kの部屋です。ソファや、ダイニングテーブルなどを置いて、より一人暮らしのインテリアを楽しみたくなるのではないでしょうか?

今回は、高さ調整のできるテーブルなど一人暮らしに便利なアイテムをレイアウトし、スペースの有効活用をしたコーディネートです。7.5畳でソファを置いても、すっきりとさせることができますよ。

ソファが置ける7.5畳の一人暮らし

一人暮らしで25㎡超の部屋は憧れませんか?6畳よりも広い7畳からの部屋は大きめのベッドやソファを置いてインテリアを楽しみたくなります。

特にソファを検討する人は多いようで、コンパクトなものから横になれるようなソファがあると、一人暮らしを快適にしてくれます。

ソファで寝室スペースを仕切る

ワンルームや一人暮らしの場合、寝室とリビング、ダイニングはどうしても同じ空間になってしまいます。そこで、家具でゆるく空間を仕切ってみるとメリハリがつきやすくなります。

ソファでベッドを区切ると、ソファに座った時にベッドが目に入らず、寝室スペースとくつろぎや食事のスペースを分けることができます。

ソファに座って使いやすい高さのテーブル

ソファがあっても、実際は床に座ってしまうという話をよく聞きます。

それはソファよりもテーブルが低く使いづらいことも原因のようです。

そこで活躍するのが高さの調整できるテーブル。ソファに座っていても使いやすい高さに調節できます。食事やくつろぎ、友人がきた時など用途に合わせて変えられるので、とっても便利です。

組み合わせボックスで省スペース化

転勤やライフステージが変わる時、引っ越しはやむを得ません。そんな時に便利なのが組み立て式の組み合わせて使える家具です。

こちらのコーディネートは組み合わせができる小さなボックスを本棚&テレビ台に。1台2役にすることで省スペース化と大容量の収納が可能に。

引っ越しても違う用途で使える、引っ越し時に運びやすいなど活躍してくれますよ。

窓までの動線はしっかり確保

洗濯や換気など、ベランダへの出入りがしやすいように家具を配置することは大切です。6畳より狭い場合、ベッドでふさがれがちですが、広さに余裕があればしっかり動線を確保して快適さも優先させましょう。

アイテムポイント

柔らかいフォルムとざっくりとした質感の張地がナチュラルやヴィンテージにぴったりなソファ。幅が170㎝あり横になってくつろぐことも可能です。

大きめサイズでリーズナブルな価格も魅力のひとつです。

天板の高さを40~52㎝の間で5段階調節が可能なリビングテーブル。天板下には棚がついていて、ちょっとした収納に便利です。

脚が細く抜け感のあるデザインはスタイリッシュで、狭い部屋にもおすすめです。

組み合わせ収納ボックスは雑誌から文庫本、CDなど雑多になりがちな収納をまとめることができます。カラーもホワイト、ナチュラル、ブラウンと3色あるのでテイストに合わせて選ぶことができます。

コーディネートサマリー

部屋種別1K
広さ7.5畳
世帯一人暮らし
テイストナチュラルヴィンテージ
家具予算約15万円
島ひかる

住宅だけではなく、オフィスや店舗の内装インテリアを行なっています。
心地の良いお洒落な空間作りが得意です。

関連記事

おすすめの記事

  1. サステナブルやエコにもつながる、整理収納でできること。

  2. 引越しや間取り作り、大型家具家電以外で最初に決めておきたい〇〇家電の置き場所

  3. もう挫折しない!プロが教える片付けを始めるのに適した場所とは?

  4. 使いにくい収納を助けてくれる、100均の収納グッズの上手な選び方

  5. 子供がつくった絵や作品どうしてる?子供の作品を大切に保管できる収納方法

アーカイブ