雨の日も洗濯を快適に!室内干しスペースに大事な5つのポイント

家づくりに採用する人が最近増えている、洗濯物の室内干しスペース。わが家も洗面脱衣室を兼ねたランドリースペースを作ったことで、毎日の洗濯がとても楽になりました。

ただ、やみくもにスペースを確保するだけでは、有効活用できないことも。今回は、使いやすいランドリースペースを作るために大事な5つのポイントをわが家の実例とあわせて紹介します。

キーコン 住宅収納スペシャリスト
夫と息子2人の4人で、収納にちょっとこだわった一軒家に暮らしています。収納や動線が暮らしやすさにつながることを実感して、家づくり情報の発信を始めたインスタグラムアカウントKEACON HOMEは、現在3.7万人を超える方にフォローして頂いています。
Instagram: @keaconhome

1. ランドリールームの場所は洗濯機のそばに

洗濯が終わった後の、濡れた衣類。洗濯機から出して、かごに移して、物干しざおのあるベランダや部屋まで移動させるのって、実は結構重労働!室内干しスペースを作るのに、おススメな場所は洗濯機のある洗面脱衣室。お風呂のときに脱いだ服をそのまま洗濯機にいれられるし、物干しざおが洗濯機のすぐ側にあれば、干すときに入れて運ぶ必要もありません。

広さなどの関係で、洗面脱衣室につくるのが難しい場合は、移動がなるべく短くなるように洗濯機と同じフロアに計画を。濡れた洗濯物を抱えての階段の上がり降りは、なかなか大変です。

2. 物干しざおは間隔を空けて乾きやすさアップ

室内干しをすると、気になるのが生乾きの嫌な臭い。長時間湿ったままの状態が続くと、雑菌が繁殖して臭いの原因になってしまいます。乾きやすくするためには洗濯物同士の間隔をあけることが重要。わが家では、洗濯を干すために1.5mの物干しざお2本を使用していて、物干しざお同士の間隔も、服がぶつからないように60㎝程あけています。

ランドリースペース

3. 干しているときに邪魔にならない位置

物干しざおを取り付ける位置も、しっかり考えておきたいポイント。洗面台の前だと手洗いや身支度をするときにストレスになるし、通るときにのれんのようにくぐらないと行けない場所もNG。物干しざおを取り付ける場所は、干している間、家族があまり使わない場所に。わが家では、お風呂の時間以外あまり使わない脱衣スペースを活用しています。

ランドリースペース

4. 部屋を区切って除湿器をオン

洗濯物を早く乾かすために、有効なのが除湿機やサーキュレーターを使用すること。わが家では洗濯を干した後、洗面脱衣室のドアを閉めて除湿機を掛けるようにしています。ドアを閉めることで、乾燥させるスペースが狭くなって除湿機の効率もアップ!夜干しした洗濯物が、春~秋は朝には、気温が下がる冬場は昼頃には乾いています。

洗濯物に風をあてられる位置に、除湿機用のコンセントを作っておくのをお忘れなく。

ランドリースペース
三菱 衣類乾燥除湿機MJ120-MX

5. ちょい置き&作業ができるカウンター

室内干しスペースで乾いた洗濯物を畳んだり、アイロン掛けをしたりしようと考えているなら、ぜひ作っておいて欲しいのがちょい置き&作業に使えるカウンター。畳んだ洗濯物の置き場に困らないし、立ったまま作業ができるので動作も楽。しゃがんで床に置いたり、蓋を閉じた洗濯機の上に置いておくよりも、動作やストレスがぐっと減らせます。

ランドリースペース

いかがだったでしょうか。しっかり乾く、毎日使える室内干しスペースを作って、毎日の洗濯の負担をを少しでも楽にしていきたいですね。

キーコン

インスタグラムで家づくり情報を発信中。「家に合わせた暮らし」ではもったいない。収納を先取りして考えた「家族にあった家」づくりを応援します。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 見た目・使い勝手の良いインテリアと収納術をお伝えします。きっと家が大好きになりますよ。

  2. 片付けた先の毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 空間は、その人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 収納で家事は楽になる。ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアをお届けします。

アーカイブ