キッチンの背面、飾り棚でインテリアをおしゃれにたのしむ、3つのポイント

こんにちは。整理収納アドバイザー、ルームスタイリストプロの 岸上 のぞみ です。

3階建て2階リビングの建売のお家で、夫と息子と私の3人で暮らしています。

これからお家を建てる方やリノベーションを検討されている方で、キッチンの背面に棚をつけたい!と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はキッチンの飾り棚を使ってもっとインテリアをたのしむコツをお伝えしていきます。

キッチンインテリア

棚をつける前に下地の確認を。

棚をつける際に注意したいのが、壁の下地。マイホームを検討中で棚をつけたい場合は、事前に業者さんへお伝えして壁に下地を入れてもらう必要があります。

クロスが貼られる前のわが家。

正面奥の中央部分、色が変わっている箇所は下地を貼っています。
また、すでにクロスが貼られてある壁にDIYで棚をつける場合は、柱などの下地のある場所を探して施工する必要があります。
センサータイプや針を刺すタイプの下地探し用品がホームセンターなどで売っているので、チェックしてみてください。

まずは好きなように飾ってみよう

まずは、好きなものを好きなように飾ってみましょう。
飾って、引きで確認して、微調整して。
インテリアは何よりも自分の「好き!」をたのしむのが1番。

写真を撮ってみると客観的に確認できるのでおすすめです。

「好きなように飾ってみたけどなんだかパッとしない。」という場合は、これからお伝えする3つのポイントを実践してみてください。

ポイント1 色数を絞ってみる

インテリアでまず抑えておきたいポイントが、「色数を絞る」ということ。

ひとつの空間を3〜4色に抑えることで、統一感があり、色の魅力が際立った空間になります。

ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%

この割合を意識すると、バランスが良いとされています。

ポイント2 「三角形」を意識してみる

配置がしっくりこない。という場合は三角形を意識して配置してみましょう。

例えばわが家の棚を見てみます。

キッチンインテリア

どこに三角形が隠れているか、分かりますか?

キッチンインテリア

2段の棚に3つの三角形が存在していました。

インテリアショップや素敵だなと思う雑誌のインテリアなど、実はこの「三角形」が隠れていることがたくさんあります。

ぜひお買い物中などに「三角形探し」してみてくださいね。

ポイント3 テイストや季節感を揃えてみる。

ひとつひとつは大好きな雑貨でも、いろんなテイストのものが多く混ざっていると、乱雑な印象になってしまう場合があります。

ナチュラルインテリア

白やブラウン、かごなどを使った「ナチュラル」

モノトーンや大人っぽい雰囲気の「モダン」

アイアンやインダストリアルな雰囲気の「メンズライク」など、

様々なテイストがあるのできっちりしすぎなくても大丈夫。まずは自分の好きな方向性を意識してみると、やっていくうちに、型にはまらない「マイテイスト」ができてきます。

また、季節感を意識して置くものを選ぶのも、暮らしのたのしみ。

コットンフラワー

その季節ならではの植物を飾ってみたり、

小物なら夏はグラス、冬はカップアンドソーサーなど、普段使うものを飾るだけでも、インテリアとして季節を楽しむことができます。

定期的に「使う」「動かす」ことが私のホコリ対策。

いかがでしたでしょうか。

飾り棚でよく聞かれるのが、「ホコリは気になりませんか?」という質問。

気になる・気にならない、は個人差がありますが、置いているものを定期的に楽しみながら「使う」「動かす」ことで、そこを放ったらかしにしない対策になっています。

1回飾って終わり。ではなく、ぜひたのしみながらインテリアの試行錯誤をしてみてくださいね。

岸上 のぞみ

岸上 のぞみNozomi Kishigami

記事一覧

整理収納アドバイザー1級/ルームスタイリストプロ/整理収納教育士

空間は、その人そのもの。子育てや家事で忙しい自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ