色や素材で秋冬インテリアに。模様替えで季節感を取り入れる3つのポイント

今年は暑い時期が長かったように感じますが、寒さが徐々に強まってきましたね。衣替えをしたり、冬用の寝具に取り替えたりするように、インテリアも四季に合わせて少し変化させるだけで、より暮らしを楽しむことができます。今回は秋冬のインテリアに応用できる、簡単なポイントをご紹介します。

岸上 のぞみ 整理収納アドバイザー/ルームスタイリスト
3階建て2階リビングの建売のお家で、夫と息子と私の3人、時々保護猫と暮らしています。ノウハウだけでなく、自分の心の声や感覚に気づき行動することを大切にしたお片づけレッスンなどを開催。
Instagram:@nozomi_kurashi
webサイト:日々柔-hibinew-

ポイント1. まずは「涼」を感じるものをしまう、移動する

秋冬インテリアと扇風機

インテリアに秋冬小物を取り入れる前に、意外と「涼」を感じるものが出しっぱなしなケースもよくあります。例えば扇風機風鈴ガラス素材のインテリア用品など、しまえるものはしまう。今年使わなかったものは本当に必要か見直す。収納するのが難しいものは視線が集まりやすい場所から移動するなどして、増やす前に減らす作業をすることが大切です。

ポイント2. 暖色を部屋に点在させる

オレンジなどの暖色は、寒い季節に温かさを感じさせてくれる、相性の良いカラーです。とはいえナチュラルなお部屋が好きな方には主張が強い色なので、いきなりソファやカーテンなど大きな面積を暖色にするのは少し勇気がいりますよね。

ソファインテリア

季節を楽しむインテリアとしてを取り入れやすいのが、クッションカバーやブランケットなどのファブリック類、アートポスター等。手持ちのポストカードこどもが描いた絵でも良いですね。

秋冬インテリア

目安にはなりますが、部屋面積に対して5%ほど色味を加えると程よいアクセントになります。ファブリックの色と絵の中にある色をリンクさせる等、同じ色味を部屋に点在させると、部屋全体にまとまりが出てくるのでおすすめです。

ポイント3. 質感のあるファブリック素材を取り入れる

色以外にも、素材でも季節感を楽しむことができます。ウールファーコーデュロイなどの素材が目に見えるだけで、ぐっと秋冬の雰囲気が高まりますよね。

秋冬クッションカバー

素材で季節感を取り入れる方法は、インテリアにあまりカラフルな色味を取り入れたくないという方にもおすすめです。ブラウンやホワイトなど、インテリアに取り入れやすい色味でも、ニットファー素材なら温かさを感じるインテリアを作ることができます。

インテリア、ファブリック、ファー

季節のインテリアを楽しもう。

家の中に季節感を取り入れることは、自然に沿って自分自身を適応させるような作業。

西日とブランケット

大規模なリフォームや模様替えまでしなくても、少しアイテムを取り入れてみたり、位置を変えたりするだけで、「今の自分」にしっくりくる空間に変わりますよ。

岸上 のぞみ

岸上 のぞみNozomi Kishigami

記事一覧

整理収納アドバイザー1級/ルームスタイリストプロ/整理収納教育士

空間は、その人そのもの。子育てや家事で忙しい自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ