トイレを居心地の良い空間にする収納術、3つのポイント

こんにちは♪整理収納アドバイザーのすぎたともみです。

トイレのインテリア

スッキリしたインテリアで、居心地の良いトイレって憧れますよね。

今回は「トイレを居心地の良い空間にする3つのステップ」についてお伝えします。

「何をいくつ」収納する?

トイレは小さなスペースなので、置くモノを少なくした方が、スッキリとした居心地の良い空間になります。

「トイレで必要になるモノは?」「いくつあったら安心?」を考えながら、置くモノを限定しましょう。

例えばトイレ掃除に使うアイテムは、「今使っているモノ」+「ストック1つ」が私のルール。

小さな収納スペースからあふれない様にキープします。

トイレの掃除グッズ

収納の少ないトイレの場合は、すぐに使う分だけトイレに置き、ストックは別の場所に収納しましょう。

トイレットペーパーの場合、我が家のホルダーは2ロール分。

念のための予備1ロールをトイレ内の収納に常備しています。

トイレットペーパー収納

その他のストックは、トイレを出てすぐにある棚が定位置です。

パッケージから出しておくことで、気付いた人が補充できるようにしています。

トイレットペーパー収納

収納スペースによって収納方法も変える

一般的なご家庭のトイレの収納スペースは2パターンあります。

①棚

トイレットペーパー収納

扉が付いていたり、オープンだったり。

トイレに座った時に背中側にあるケースが多いですね。

こういった棚の場合、モノを直置きするのではなく、ボックスにまとめて入れるとスッキリ見えて、取り出しもスムーズになります。

オープン棚にかご収納

掃除用品や生理用品のパッケージが見えてしまうと生活感が出るので、中身が透けない素材のボックスがおすすめです。

カゴやボックスを使った収納

ボックスを購入される際は、棚の奥行きを測ってから、サイズの合ったものをお探しくださいね。

②配管スペースの収納

トイレ内に手洗い器がある場合、その下が収納スペースになっていることもありますね。

トイレの手洗い器下収納

この場合、水道の配管が出ているケースがほとんど。

そんな時に便利なのが、突っ張り棒を使った収納です。

突っ張り棒

このように、掃除用のスプレーボトルを引っ掛けたり、お掃除シートを乗せたりすることができます。

突っ張り棒を使ったトイレグッズ収納

インテリアを活用して居心地の良いトイレに

トイレは小さなスペースなので、気軽にお好みのインテリアを楽しむのにぴったりのスペースです。

そんな「トイレでおしゃれなインテリアを楽しむ時のポイント」をお伝えしますね。

使う色を限定する

小さな空間にたくさんの色を詰め込んでしまうと、少し圧迫感を感じることもありますね。

家族以外の来客も使うことをふまえると、カラフル過ぎるインテリアよりも、色は3色以内にまとめる方がおすすめです。

白やベージュ、グレーなどのベーシックな色を土台にすると落ち着いた印象になります。

飾るスペースは1か所にまとめ、小物は3つまでがベター

棚や壁など、あちこちに飾りを配置するインテリアはちょっと上級者向けになります。

例えば、存在感のあるものを1つだけ飾るだけでもいいですし、

インテリア雑貨

もしくは小さなものを3つまで、と決めておくとまとまりやすくなります。

インテリアグリーン

飾り以外の小物はシンプルにする

お気に入りのインテリアに視線がいくように、その他の小物はシンプルなものにまとめましょう。

芳香剤やサニタリーボックスなど、出しっぱなしになる小物はシンプルなものを選ぶとスッキリ見えます。

シンプルなサニタリーボックス

掃除用品のラベルは剥がす、シンプルなケースに詰め替えるのも効果的ですね。

トイレ掃除シートとトイレ掃除洗剤

ケース セリア

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

ぜひぜひお役立てくださいね。

すぎたともみ

整理収納アドバイザー1級/親・子の片づけインストラクター1級/インテリアコーディネーター
片付けた先の暮らしを楽しみたい。
「片付け」で部屋やモノを、「手帳とノート」で思考や時間の使い方を整えるのが得意です。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

アーカイブ