整理収納アドバイザーが実践する!ダイニングでのPC作業がスイスイ進む3つのコツ

こんにちは。ルームスタイリスト、整理収納アドバイザーの安藤秀通です。東京47㎡の中古リノベーションマンションで男2人暮らしをしています。
皆さんはお家でパソコンを使っての作業はされますか?近年は自宅で仕事をしたり、オンラインレッスンを受けたり、長時間PC作業をする方を増えているかと思います。

私も家でのPC作業が増えたうちの1人。そこで今回はダイニングでのPC作業がスイスイ進む3つのコツをお伝えしたいと思います。

安藤秀通 ルームスタイリスト整理収納アドバイザー
東京47㎡の中古リノベーションマンションで男2人暮らしをしています。
インテリア&整理収納サポートを訪問やオンラインで実施。またお部屋作りの情報を詰め込んだルームツアー付きセミナーを自宅で開催中。地域セミナー、企業向けセミナーなど執筆など幅広く活動中。
Instagram:@hidemaroom

Linktreehttps://linktr.ee/hidemaroom

1. PC、使う道具をグルーピングする

ダイニングでPC作業をする場合は「準備しやすい」「片付けしやすい」というのが重要!
我が家では、PCの置き場が決まっており、そこから取り出し、使い終わったら戻す、というのがルール。仕事で使う道具などもひとつの引き出しやボックスにまとめられており、それごとテーブルに出してきて作業します。PCの置き場所と引き出しは近くにまとめています。

一緒に使うものは近くにまとめておくと、効率よく取り出せますし、使いやすく戻しやすいです。それを整理収納では「グルーピング」と呼んでいます。皆さんもぜひ実践してみてくださいね。

2. コード類をまとめておき美観を保つ

ダイニングのように、普段は違う用途で活用する場所はリセットが必要ですよね。PCや使う道具の場所は決まっていてもコード、ケーブル類がうまくまとめられない、使っている最中見た目が気になる、などの相談がとても多いです。

我が家ではインテリアに馴染むケーブルボックスを使用し、仕事中や作業中もなるべく気にならないようにしています。また、収納時もコンパクトになる、見た目が馴染むものを選んでインテリアのジャマをしないようにしています。快適に作業する上で重要なポイントですね。

3. 座った位置から見える景色や作業背景を考える

ダイニングで作業をする場合は、その目の前が冷蔵庫や食品庫だったりすると、長時間作業をするときに気分が滅入ってしまうことがあります。自分の視界に入る景色をお気に入りの家具や植物、好きなインテリア小物や外の景色にするよう意識してみてくださいね。

また、背景もとても大切!オンラインで自分の姿を映し出すときにバーチャル背景を使うのも良いですが 、お家が素敵だとお話しする相手の方との話のきっかけになったり、とても印象が良くなったりします。少しの工夫で見え方が変わってきますので是非意識してみてくださいね。

いかがでしたか。今回お伝えしたコツを使い、ダイニングでの快適なPC時間を実現してみてください!今後もお部屋をインテリアと整理収納で整え、快適に暮らしていく情報をお届けしていきます。お気に入りのお部屋を作る参考になったら嬉しいです。

安藤 秀通

安藤 秀通HIDEMICHI ANDO

記事一覧

「お部屋が変わると人生が変わる」
インテリア&整理収納でお気に入りに囲まれた暮らしを実現しましょう。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ