置き場所に困るバッグの定位置はこう決める!

こんにちは。アメリカ在住3人子育て真っ最中、ミニマリスト整理収納アドバイザーの南さやかです。
みなさんは、こんな経験はありませんか?

✔︎ 家から帰ってくるとバッグをソファの上にポーン!
✔︎ 玄関の床にとりあえず置かれてそのまま…
✔︎ 出かける時に使いたいバッグが見当たらなくてアタフタ…

外出する時慌てずにサッと取り出せて、帰宅したらあるべき場所にちゃんとバッグが戻せる。そんなスマートな暮らしが理想ですよね。バッグの中にはお財布など大事なモノを入れるので、見つからなくてハラハラ(汗)なんてことも出来るだけ避けたい!

そんなお悩みのヒントになれば幸いです。

南 さやか
整理収納アドバイザー
アメリカ在住。10歳、8歳、2歳の子育て真っ最中アラフォーママです。国をまたぐ数々の引越しを経験し、海外でも、賃貸でも、子どもがいたって自分の理想の暮らしを追求したい!という想いで暮らしのコツを発信中。

Instagram : @saaaaayaka_happy_life
ホームページ :
SayakaMinami Officail Site
南さやか

玄関周りにいつも使うバッグ定位置を1つだけ用意

家の中で靴を脱ぐ習慣がある日本では、玄関に靴箱は必須ですよね。帰宅してリビングやソファに靴を持ち運ぶことがないのは「靴は玄関」と決めているからです。それと同じ原理をバッグにも置き場所(定位置)を作ってあげて、あちこち置いてしまうという行為を未然に防止しましょう!

玄関収納、バッグ置き場、玄関ドア

玄関周りはそんなに広く造られていないので、いつも使っているバッグ1つだけが収まるスペースを設けてみましょう。
おすすめは吊り下げ収納です。玄関先の壁やクローゼットの中にいつも使うバッグを引っ掛けておくだけ。今は壁に穴が空いても最小限のキズで済ませられる3点留めフックなどもありますので、賃貸の方でも工夫することが可能だと思います。穴あけが心配の方は、扉に引っ掛けられるハンギングバーなども活用してみて下さい。

バッグ置き場、引き出し収納

ちなみに収納する際、バッグの中にはモノが入ったままでもOK!
私は財布の収納場所を「いつも使うバッグの中」と決めているので、いつも外に出る時に持ち歩くモノはバッグの中に入れっぱなしにしています。ただし、玄関周りに置くバッグは1つまたは2つまでと決めて、他のバッグを使う時には元置き場と入れ替るなど、玄関周りにバッグが溜まっていく…ということがないようにご注意を!

バッグ置き場、クローゼット収納
玄関にはこのショルダーバッグ1つだけ!

ヘビロテ以外のバッグの置き場はどこがいいの?
収納3パターンをご紹介

ヘビロテ中のバッグのみ玄関周りに置いて、それ以外の残りのバッグは一箇所に集中させて置いておきましょう同じカテゴリーのモノが数カ所に点在していると、必ずどこに何を置いているのか管理が難しくなってしまいます。収納はシンプルが一番!私のおすすめのバッグ収納をご紹介。

①バッグ in バッグ

最も省スペースで収納可能なこの方法。”入れ子”スタイルですね。一番大きなトートバッグなどに他のバッグもまとめて入れておくだけ。デメリットは収納しているトートバッグを使う時に、中のバッグを取り出す手間があること。

バッグ収納、バッグ置き場

②ボックスにひとまとめ

大きめのボックスを用意して入れるだけ。ウォークインクローゼットなどで個人ごとにボックスで分けて管理しやすく見た目もスッキリします。デメリットはバッグのサイズを考慮した収納ボックスが必要なこと。

バッグ収納、バッグ置き場

③吊り下げる

クローゼットのバーにS字フックなどを利用して吊る収納。使いたい時に取り出しやすく戻しやすい。持っている数量や型もパッと見て把握できるのでズボラな方ほど取り入れて欲しい収納方法。デメリットはスペースが必要なこと。

バッグ置き場、クローゼット収納

最後まで読んで頂きありがとうございます。ついつい「とりあえず…」と置いてしまいがちなバッグ。玄関に1箇所小さなスペースを確保して、残りはクローゼットのココ!と決めてシンプルに管理してみると散らかり防止に繋がると思います。

「靴は玄関!バッグは◯◯!」を合言葉にスッキリした暮らしを一緒に目指しましょう♬

南 さやか

整理収納アドバイザー1級

どこに住んでも大丈夫!海外でも賃貸でも快適な暮らし作りをミニマル思考で実現♬

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ