いざというときにすぐ取り出せる!「救急用品や薬」の整理収納方法。

こんにちは。整理収納アドバイザーのNami Sasakiです。わが家は、夫と私、3人の男の子の5人家族。築10年の戸建て住宅で暮らしています。

男の子3人と暮らすわが家にとって、ケガは病気は日常茶飯事。特に子供が小さい頃は、週に何度も病院に行ったり、1回の診療で3人の子供を順番におぶって往復したりと、今思い返しても大変な日々でした。家の中でも、応急処置に追われ、泣きわめくわが子にせかされ、薬を探すドタバタ劇!そんな経験をもとに、工夫を重ねて完成した「薬の収納」についてお話したいと思います。

いざというときにすぐ取り出せる!「救急用品や薬」の整理収納方法。

1.外用薬はいつでも取れるようリビングに収納。

薬には大きく2つに分類できます。1つは外用薬、もう一つは内服薬です。
外用薬は主に、塗り薬や湿布など、人体に直接使用するもののこと。ケガをした時に使う絆創膏や消毒液などもこれにあたります。

外用薬は、子供がケガをした時にすぐに手に取れるように、リビングに収納するのがおすすめ。例えばテレビボードの引き出しや、リビングチェストなど。薬箱に収納することに捉われず、フレキシブルに使いやすさを優先した収納方法が便利です。

外用薬はいつでも取れるようリビングに収納。_1

わが家の場合は、リビングのテレビボードの引き出しに。
家族団欒の時間に耳掃除をしたり、爪を切ったり。と、子供たちがゆっくりくつろいでいる時間を利用して、立ち上がることなく手軽に取り掛かれるようにしています。

ケガをした時も同様。泣きわめく小さな子供をリビングで落ち着かせて、ケガの応急処置。泣き疲れた後は、ラグの上でそのままお昼寝…なんてこともしょっちゅう。薬をここに収納することで、子育てのあたふたを回避する動線になっています。

外用薬はいつでも取れるようリビングに収納。_2

2.内服薬はキッチンの近くに収納。

外用薬と分けて収納したいのが、内服薬。直接口に入れる内服薬は、匂いが付くのを避けたいもの。湿布などの外用薬とは分けて収納するのがオススメです。
また、内服薬を飲む時は、お水が必須。キッチンの近くに収納することで、動線がスムーズになります。

ダイニングスぺースの横にあるシェルフの引き出しの一つが、内服薬用の薬箱。病院で処方された薬と、市販の薬をすべて収納しています。

内服薬はキッチンの近くに収納。_1

病院で処方された薬は、症状別に分けて無印良品の「ポリプロピレン小物ケース・M」に。ケースの内側に、「用法・用量・使用期限」をマスキングテープで記入して保管しています。

内服薬はキッチンの近くに収納。_2
無印良品/ポリプロピレン小物ケースM


「誰が、何の症状で、いつ、何錠飲むのか?」
おくすり手帳に記載してあることを書き写して記録しておきます。体調に応じて薬を探しやすくなり、時間を取りません。

内服薬はキッチンの近くに収納。_3

子供の粉薬は、ジップ袋に。密封しておけば、紙袋で保管するよりも、スリムに収納できます。こちらも用法・用量・使用期限を忘れず記入。

3.現在進行形の飲み薬は冷蔵庫に

症状が治まるまで常備薬として服用する内服薬は、忘れないように収納で工夫しましょう。例えば、冷蔵庫を開けてすぐ目に留まる場所に収納したり、メモ書きをしておいたり。

現在進行形の飲み薬は冷蔵庫に_1

冷蔵庫のポケットを、飲み薬の収納スペースに。
錠剤は1つずつ切り離しておけば、飲む時に時間を取られません。

現在進行形の飲み薬は冷蔵庫に_2

かさばりやすい子供の飲み薬は、かわいいトートバッグに収納。処方方法などが書かれた紙ものもこちらに一緒に保管しています。子供が薬を見て嫌な気持ちになるのをまるで和らげるように。見せる収納として、冷蔵庫横に吊るしています。

ついつい溜まってしまい、いざという時に取り出すのに時間がかかってしまう「薬の収納」。急を要するシーンだからこそ、その時に備えてしっかり整えておきたいもの。この機会にぜひ、収納を見直してみてくださいね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー Nami Sasaki

Nami Sasaki

Nami Sasaki佐々木 奈美

記事一覧

整理収納アドバイザー1級/色彩コーディネーター2級

インテリアと実用性どちらも欲張りたい。家事を時短で済ませ、心地よい暮らしをつくるお手伝いをします。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

アーカイブ