押入れをスッキリ快適に!愛用寝具とおすすめの収納アイテム

みなさんのおうちではどのような寝具を使い、どのようにお布団を収納していますか。布団はお部屋のなかでも生活感の出やすいアイテムの一つ。季節ごとに必要なものが代わり、容量も大きいため、収納スペースに悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。

今回は、わが家が布団生活を快適にするために取り入れている愛用寝具から、スッキリ布団を収納するための収納グッズなどをご紹介します。参考にしてみてください。

  1. お手入れの手間を省くアイテムを取り入れる
  2. 本当に必要な布団なのか見直す
  3. 季節外の布団をスッキリ収納するアイテムを取り入れる
Nagisa 整理収納アドバイザー
3LDKのマンションで、男の子2人と単身赴任中の夫の4人で暮らしています。子どもがいてもシンプルに暮らしたい。ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアを発信しています。
Instagram: @harysworks

YouTube: シンプルに暮らしを楽しむ

1.お手入れの手間を省くアイテムを使う

わが家ではアイリスオーヤマのエアリーマットレスの敷き布団を使っています。中身は綿ではなく密度の高いチューブ状の繊維からできています。丸洗いすることができてダニの心配が少なく、子供が汚してしまった時も安心です。

アイリスオーヤマエアリーマットレス
アイリスオーヤマ エアリーマットレス 厚さ5cm

通常タイプのエアリーマットレスは、厚みが5cmと9cmのものがあります。わが家では厚さ5cmのものを使用。厚さ9cmのものになると、毎日、布団を上げ下げするには少し重たいので薄めのものをチョイスしています。

また、お布団を上げるときには、一度、壁に立てかけて乾燥してから片付けるようにしています。梅雨の時期など湿度の高い時は、除湿機を近くで回すこともありますが、夏は少し立て掛けておけば湿気を逃すことができるので安心です。

アイリスオーヤマエアリーマットレス 、除湿機

綿入りの敷き布団を使っていた時は、年に2回、ダニ対策としてコインランドリーへ布団乾燥にいっていましたが、このアイテムを取り入れることで、楽に綺麗をキープできるようになったと思います。

2.本当に必要な布団なのか見直す

昔は今よりももっとたくさんのお布団を持っていました。予備のシーツや予備の布団、子供用のガーゼケットなど…。お布団は1枚置いておくだけでもかなりの容量をとってしまい、収納スペースを圧迫してしまうことに。とにかく量が多かったので、衣替えシーズンになると布団を圧縮して収納するという家事は一大イベントのようでした。

しかし、いまでは、来客用の布団もなければ、予備のシーツもありません。押し入れの中は、モノを詰め込みすぎないように余白を持つことを意識するように。寝具やシーツなども必要最小限にしています。

寝具収納
細々した寝具類はここに入るだけ

シーツの替えは持って持っていませんが、朝洗って夜には乾いていることが多いので困っていません。子供たちのスリーパーやガーゼケットなどは押し入れの下の段の収納スペースに収納しています。

収納スペースも限られているので、暑さや寒さはモノを増やすことで調整するのではなく、エアコンなどの空調をうまく利用して布団が増えすぎないような工夫もしています。

3.季節外のお布団をスッキリ収納する

和室には押し入れがあるので、季節外の布団は押し入れの上段に収納しています。収納として使っているのは無印良品の綿麻混ソフトボックスシリーズのものです。

無印良品ソフトボックス綿麻混、押入れ収納

家族が多くもう少したくさんのお布団を収納したい場合は、立てて収納するのもおすすめ。イケアのスクッブ(IKEA SKUBB)の収納ケースはサイズ展開も豊富なので、限られた収納スペースでも収納場所に合わせて立てる収納をすることができます。収納するモノの容量と収納場所に合わせて使用してみてください。

布団収納、イケアスクッブ
イケア スクッブ(IKEA SUKUBB)収納ケース

いかがでしたか。季節ごとに入れ替えが必要で、収納の容量も大きな寝具。少しでもスッキリ快適に過ごせるように、持っている寝具や収納方法を見直してみてくださいね。参考にしていただけると嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

整理収納アドバイザー Nagisa Okamoto

Nagisa Okamoto

整理収納アドバイザー1級

収納で家事は楽になる。
ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアをお届けします。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ