ポイっと花瓶に活けるだけ!インテリアに「花のある暮らし」始めませんか?

こんにちは。整理収納アドバイザー、ルームスタイリストプロの 岸上 のぞみ です。

3階建て2階リビングの建売のお家で、夫と息子と私の3人で暮らしています。

植物が生き生きとするあたたかい季節が巡ってきました。家にグリーンやお花があるだけで、気分も明るくなりますよね。今回はズボラだけど花のある暮らしを楽しみたい!という方に、手軽に花を楽しめるコツをお届けします。

花はどこで買う?

飾る花を選ぶのにも、いろんな選択肢があります。庭で育てている花を摘んで。おしゃれなフラワーショップで。近所のお花屋さんで。道の駅で。ネットを使ったお花の定期便で。

花はどこで買う?

わたしはフラワーショップや町のお花屋さん、時にはスーパーの切り花コーナーで購入することも。まずは花を迎えるハードルを低くしてみることからはじめてみてはいかがでしょうか。

手軽に花を飾るコツ1. 日常の花は1〜2種類で充分。

手軽に花を飾るコツ1.  日常の花は1〜2種類で充分。_1

いろんな種類のお花をバランスよく活けるのって、素敵ですよね。しかしたくさんの花材を扱おうと思うと、技術や経験、センスが必要になってきます。多くの花をバランスよく飾るのって、案外むずかしいもの。

手軽に花を飾るコツ1.  日常の花は1〜2種類で充分。_2

日常で花のある暮らしを楽しむなら、何より手軽さが大事。そこで私がよくやるのが、花の種類を1〜2種類に限定して飾ること。色数も絞れるので、バランスよくまとまってくれます。買いやすさも、手軽。

手軽に花を飾るコツ2. 空間を限定する。

わが家は花とグリーンを飾るのは基本的にLDKだけ。部屋やフロアをまたいで水やりや水替えのお世話するのは大変。まずは限られた空間でチャレンジしてみるのがおすすめです。

手軽に花を飾るコツ2. 空間を限定する。

手軽に花を飾るコツ3. ドライフラワーを飾る。

動きまわる小さなお子さんがいて花瓶を置くのに抵抗があったり、水を替えるのがハードルに感じられる方は、ドライフラワーがおすすめ。簡単にお部屋の雰囲気を変えることができます。

手軽に花を飾るコツ3. ドライフラワーを飾る。

バタバタあっという間に一日が過ぎてしまう赤ちゃんの子育て期は、ドライフラワーガーランドで花をたのしんでいました。

手軽に花を飾るコツ4. 花器との組み合わせをたのしむ。

「花のある暮らし」をはじめて魅力を感じるようになった花器。シンプルなものもいいけれど、花を入れてなくてもインテリアの一員になるような、古くからあるものに魅力を感じています。

手軽に花を飾るコツ4. 花器との組み合わせをたのしむ。_1
ヴィンテージのピンクの花器。

活ける花によって雰囲気が変わるので、それもまたたのしみの一つ。

手軽に花を飾るコツ4. 花器との組み合わせをたのしむ。_2
古道具屋さんで購入した和の雰囲気を感じる花器。

持っている数は少ないので、小さいスペースには小さめの花器。といったように空間に合わせた使い方をしています。

おうち時間を彩る「花のある暮らし」

花がそこにあるだけで、お部屋の空気は変わります。私が日常の中で花を飾ることを意識しはじめたのは、一度目の緊急事態宣言中にこどもと2人で家にいる時間が続き、空気を変えたいと思ったことがきっかけでした。「花のある暮らし」をたのしみ始めたばかりですが、その存在がググッと自分の気持ちをあげてくれると感じています。

おうち時間を彩る「花のある暮らし」

むずかしく考えるよりもまずは自分の好きな花を好きなように飾る。おうち時間が増えている今、「花のある暮らし」をはじめてみてはいかがでしょうか。

岸上 のぞみ

岸上 のぞみNozomi Kishigami

記事一覧

整理収納アドバイザー1級/ルームスタイリストプロ/整理収納教育士

空間は、その人そのもの。子育てや家事で忙しい自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 見た目・使い勝手の良いインテリアと収納術をお伝えします。きっと家が大好きになりますよ。

  2. 片付けた先の毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  4. ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  6. 空間は、その人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  7. 収納で家事は楽になる。ワンオペ育児から生まれた収納や暮らしのアイデアをお届けします。

アーカイブ