100均で作れる!小学一年生におすすめのテストプリント収納 5つのポイント

こんにちは!整理収納アドバイザーのすぎたともみです。
春になり新生活を迎えた方もたくさんいらっしゃるかと思います。特に園生活から学校生活へ移ったお子さんのいるご家庭では、毎日たくさんのテストプリントを持ち帰ることに驚いたのではないでしょうか。今までは親宛てのプリントがメインだったところにワークやテストなども増えると、その収納にも見直しが必要です。テストプリントをスッキリ片付ける仕組みづくりを考る時、小学一年生にとって難易度の高い収納方法は負担になります。
親としても帰宅後の子どもとの衝突は避けたいし、ラクに片付く収納方法を見つけたいですよね。
そこで今回は、我が家で実践しているテストプリントの収納のポイントを5つご紹介します。

すぎたともみ 整理収納アドバイザー
東京都在住。小学生の息子と夫と、夫の両親との二世帯住宅に住んでいます。
stand.fm(音声配信) ゆるっと暮らしをととのえたい♪
INSTAGRAM @t_home117

1. 親宛てのプリントとテストプリントははっきり区別する

小学校のプリント

学校生活が初めての場合、園生活の延長で持ち帰ったプリントを全て親に渡すお子さんも多くいます。ですが親宛てのプリントとテストプリントの用途は全く違います親宛てのプリントは親が読んだ後、親の判断で要不要に仕分けをし、必要なものはまた親が見返しやすいように収納しておく必要があります。一方でテストプリントは、親もチェックはするものの、その後の保管はお子さんのためのもの。子ども自身が自分で管理する意識づけをしましょう

2. どのくらい保管するかを子どもと話す

小学一年生の一年分のプリント

毎日のワークやテストプリント、そもそも全てを取っておく必要はあるのでしょうか?まずはお子さんと一緒に終わったプリントをどうするか、どうしたいか」を話し合ってみましょう。取っておくスペースが無い、または見返す予定が無いのであれば、すぐに処分するという選択肢もあります。また、お子さん自身が頑張った!と思えるテストや、見返すと自信が湧いてくるようなプリントだけを残す、というのもひとつの手。念のため全てを保管したいという方も、期限を決めて残しましょう

3. ランドセル置き場の近くにスペースを確保する

ランドセル置き場の近くにテストプリント収納

持ち帰ったテストプリントの収納スペースは、ランドセルの近くが動線的にもベスト。テストプリントを見返す機会の無い場合も、持ち帰ってくるのは毎日のことなので、ラクに収納できるスペースを確保しましょう。ランドセルまわりの収納づくりの際は、使えるスペースや選択肢をお子さんに提示して、自分で選ばせるとスムーズです。

4. ポイポイ投げ込めるボックスを用意する

セリアのボックスで作るテストプリント収納
セリア monobox A4

テストプリントの収納は、A4サイズが平置きできるボックスや引出しがおすすめ。紙製またはプラスチック製の、子どもでも扱いやすい軽い素材のものが適しています。我が家で使用しているのは100均で購入できるこちらのボックス。開け閉めしなくて済むように、フタは外しています。プリントの量は学校によっても差がありますが、我が家の息子の1年分のテストプリント、使い終わったノートや教科書は、このボックスにちょうど収まる容量でした。

5. 暮らしになじませる

テストプリント収納

収納作りが終わった後は、じっくり暮らしに馴染ませましょう。最初は親子で一緒に帰宅後の流れをつかむのが大切。使いながら収納のしにくさを感じた時も、親子で一緒に配置の見直しをしましょう。

ひとつおすすめなのが、ボックスに名前を付けること。我が家の場合「終わった箱(おわったばこ)」という名前を付けています。名前を付けておくと、声かけが断然しやすいのです。例えば「このプリントどうすればいい?」「使い終わったノートはどうする?」といった子どもからの問いかけに「終わった箱に入れて。」と指示が出せます。お子さんが自分で決めた名前の収納には、愛着や責任感も湧きます。また、帰宅後の流れを繰り返す事で、徐々に指示なしでも動けるようになります。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

あわせて読みたい

ランドセル置き場
子どもの学用品収納については、こちらの記事でも詳しくお伝えしています。
▶︎【まとめ記事】先輩小学生ママがおすすめする、学用品収納や環境づくり

すぎたともみ

整理収納アドバイザー1級/親・子の片づけインストラクター1級/インテリアコーディネーター
片付けた先の暮らしを楽しみたい。
「片付け」で部屋やモノを、「手帳とノート」で思考や時間の使い方を整えるのが得意です。

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ