ゴチャつく子ども部屋をスッキリ見せる3つのコツ

こんにちは。アメリカ在住3人子育て真っ最中、ミニマリスト整理収納アドバイザーの南さやかです。
子ども部屋ってどうやってもスッキリ見せることが難しい… それもそのはず!

✔︎ おもちゃがすごくカラフル
✔︎ サイズも形もバラバラ…
✔︎ プラスチック素材で家具とマッチしない

ゴチャゴチャに見えてしまう原因がてんこ盛りなんです(笑)人間が心理的に感じ取る感覚を逆手に取って、同じおもちゃを持っていても工夫次第でスッキリ見せることは可能です。
次の3つのポイントを意識して試してみて下さい。

南 さやか
整理収納アドバイザー
アメリカ在住。10歳、8歳、2歳の子育て真っ最中アラフォーママです。国をまたぐ数々の引越しを経験し、海外でも、賃貸でも、子どもがいたって自分の理想の暮らしを追求したい!という想いで暮らしのコツを発信中。

Instagram : @saaaaayaka_happy_life
ホームページ :
SayakaMinami Officail Site
南さやか

① 四角で囲める

おもちゃを収納する棚は”四角”がオススメです。サイズも形もバラバラなおもちゃなので、それを収納する棚まで変則的な形をしていると、スッキリ見せることが難しくなってきます。

おもちゃ収納、イケアトロファスト、おままごとキッチン収納

人間は視覚的に、はみ出したり突起があるとその部分に先に目が行きがち。四角で囲んでいることで統一感・規則性が生まれるのでスッキリ見せることができます。シンプルで色味が少ない収納棚を選んでもらうとよりGOOD!

② 細かいモノが見えない

透明なボックスより中身が見えない不透明なボックスを選んだり、扉を閉めればバラバラしたおもちゃが見えなくなる収納棚を置いて、細かいモノや色が見えない仕組みにすると部屋がスッキリ見えます。

おもちゃ収納、イケアトロファスト

視覚にも「ノイズ」と言われるものがあり、チカチカするような色味や不規則で散々した状態は耳から感じる騒音(ノイズ)と同じように不快に感じてしまいます。カラフルでサイズも形もバラバラなおもちゃが並んでいると不快に感じやすくなってしまうので、ざっくり収納できるボックスなどに仕分けてノイズをシャットアウト!

おもちゃ収納、イケアトロファスト、おままごとキッチン収納

③ デッドゾーン(死角)を利用する

部屋に入った角度からは見えない柱の裏側やキッチンカウンターの裏、部屋の隅っこなど、家の中まで入り込まないと見えない場所が必ず存在します。そんな場所を”デッドゾーン(死角)”と呼び、部屋をゴチャつかせる原因になるモノを置くにはもってこい!

リビング、リビング収納、ソファ
リビングに入った時に見える角度
おもちゃ収納、イケアトロファスト、おままごとキッチン収納
窓側から見た時に見える角度

まだ月齢が低いお子様で、リビングにおもちゃを置いておきたい時などはデッドゾーンを見つけて、そこをおもちゃ置き場にすると不思議と部屋をスッキリ見せることができます

いかがでしたか?ここまで読んで頂きありがとうございます!子育てしてるとスッキリできないことが沢山ありますが、少し視点を変えて工夫するだけで全然違う見え方になったります。日々の快適な暮らしの少しのヒントになっていたら幸いです。

あわせて読みたい

おもちゃの収納方法からお片づけの教育の仕方、おすすめの収納グッズなどご紹介!おもちゃ収納、お片付け
▶︎おもちゃ収納に関するコラム一覧

子どもとお片付け幼児
▶︎年齢別!お片づけの声掛けの方法はこちら

南 さやか

整理収納アドバイザー1級

どこに住んでも大丈夫!海外でも賃貸でも快適な暮らし作りをミニマル思考で実現♬

関連記事

プロアドバイザー紹介

  1. 【能登屋英里 】見た目・使い勝手が良い収納で便利に心地よく暮らしましょう

  2. 【すぎたともみ】毎日をもっと楽しみたい!ワクワクした気持ちで暮らしを整えるお手伝いをしています

  3. 【岸上 のぞみ】空間はその人そのもの。自分で自分の機嫌をとるための一歩を、お片づけやインテリアで始めましょう。

  4. 【川村亜貴子】ママの日常に1日1時間のゆとりを。未来に向けてのお片づけ、始めてみませんか?

  5. 【Nagisa Okamoto】収納で家事を楽に。シンプルな暮らしを楽しむアイデアをお届けします。

  6. 【KEACON】自然と片付く秘訣は収納の先取り。暮らしにあわせた家づくりを応援します。

  7. 【安藤秀通】「お部屋が変わると人生が変わる」インテリア&整理収納で心地よい暮らしを実現しましょう

  8. 【南さやか】海外でも賃貸でも自分の理想の暮らしを手に入れる、ミニマルな暮らしを一緒に目指しませんか?

アーカイブ